マガジンワールド

From Editors 編集部こぼれ話

手間を惜しまない、精進料理の心得。

近頃、お坊さんがブームのようです。お坊さんをゲストに迎えたバラエティ番組が人気になり、『Buddhist 今を生きようとする人たち』『ボクはお坊さん。』といった映画も上映されています。その流れに乗ったわけではないのですが、「クロワッサン」でも一人のお坊さんに取材しました。河口智賢さん、山梨県耕雲院の副住職。「典座」(修行僧の食事を作る役割)の経験を生かして、料理教室もひらいています。今回、昆布や椎茸、大豆などでひく「精進出汁」を教えてもらいました。くわしい作り方は本誌を見ていただくとして…。私が感動したのは河口さんが料理するその姿勢なのです。たとえばしめじを切るときは、固い部分は食べやすく細かく切り、決して無駄にしない。豆腐は味がよく染みるよう、手で崩す。食べる人のことを考え、手間を惜しまず、食材を無駄にしない。必要な量を、感謝の気持ちとともに、丁寧に食べる。料理をすること、食べることがそのまま修行であるという、曹洞宗の開祖道元禅師の教えが今も生きていることを、目の当たりにした体験でした。
河口さんの料理教室「味来食堂」については全国曹洞宗青年会HP(http://www.sousei.gr.jp)を参照のこと。
河口さんの料理教室「味来食堂」については全国曹洞宗青年会HPを参照のこと。


(編集KI)
クロワッサン No. 911

血管・腸・肌が老けない食事 1 おいしい減塩。

440円 — 2015.10.10
試し読み購入定期購読 (11%OFF)
クロワッサン No. 911 —『血管・腸・肌が老けない食事 1 おいしい減塩。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。