マガジンワールド


抗炎症に着目してきた美白成分「コウジ酸」。

よりよい成分 よりよい化粧品 39抗炎症に着目してきた
美白成分「コウジ酸」。

老化のスイッチをオンにしてしまう炎症。
その炎症を抑えるメカニズムから、
結果を出していたのが コウジ酸だ。
その底力とは?
撮影・荒木大甫 スタイリスト・春原久子 
ヘア&メイク・遠藤芹菜 文・大塚明子
 
女性ホルモン減少に着目、育毛成分「CTP」とは。
浅いシワも深いシワも、「セラムバイタル」なら。


錦織なつみさん

20代ではじめて知った「憧れの美白成分」は、
抗炎症作用もあるトータルエイジングケア成分でした。

錦織なつみさん

にしきおり・なつみ 美容エッセイスト
雑誌やインターネットを通して美容情報を発信している。PMS(月経前症候群)闘病生活をきっかけに自然素材によるシンプルなスキンケアに目覚める。お湯だけで髪を洗うという素朴な美容法から最先端美容医療まで、探究心は尽きない。近著に『素朴美容、はじめました。』(宝島社)。
「高校時代、日傘をさして白い手袋をして歩いていたんです。すると、よく『雨降ってないよ』と近所の方に言われて(笑)。紫外線に害があるなんて、まだ誰も言っていなかった頃です」

日焼けがカッコいい時代に、ちょっと変わった子だった、と錦織なつみさん。今では想像がつかないが、地黒でソバカスのある肌を気にしていた。

「体育の授業のあとなど、先生の許可をもらって化粧水をつけていたほど。少しでも色白になりたくて」

そんな錦織さんがコウジ酸を知ったのは、20代はじめだった。

「新聞に広告が出ていたんです。美白成分コウジ酸って。クーポンを切り取って送り、サンプルをもらいました」

お小遣いでは続けて買えなかったから、コウジ酸は憧れの成分に。だから、仕事を始めてからの美白ケアは、もちろんコウジ酸。その後、美容エッセイストになり、化粧品成分について詳しくなると、さらにコウジ酸の美白作用に驚かされることに。

「美白成分として承認されてから25年以上たっていて、確かな有効性と安全性が認められている。国内外の多くの美白化粧品に配合されているし、皮膚科でもシミに使われている。その後にも多くの美白成分が発見されていますが、コウジ酸は今でも世界共通で美白成分の効果測定をする際の基準にもなっています。これほど評価されている美白成分はめずらしいと思います」


シミだけでなく、炎症跡、摩擦による色素沈着も。
コウジ酸の美白作用は、紫外線によるダメージによってできたシミだけでなく、肝斑にも効くことがわかっており、その有効率はなんと80〜90%と報告されている。

「物理的な刺激による色素沈着にも効果があることがわかっています。ウエストの下着によるこすれ、アイメイクの炎症跡、目をこすってできてしまう茶グマも。いずれの症例も皮膚科で確認されていること。すごいですよね」 しかし、もっと大きな驚きが待っていた。コウジ酸が有効なのは美白だけではないというのだ。

「化粧品科学や皮膚科学が新しい展開をするごとに、コウジ酸の新しい作用が発見されていったんです。たとえば抗糖化。年齢を重ねると肌内部で糖化が起こり、肌が黄ぐすんできますが、それを抑える作用があることがわかった。使用試験の写真を見るとわかるのですが、コウジ酸を長年使い続けた人は、シミが消えるだけでなく、年齢を重ねたにもかかわらず、肌の透明感がアップして若々しくなっているんです」

それだけではない。コウジ酸を使い続けた人は、キメが整い、年齢相応のシワやたるみが現れないのだ。15年使い続けた人は、シミが増えず若々しい印象(右下写真)。

「不思議でしょう。それはコウジ酸に抗炎症作用があるからだったんです」

すべての老化の元凶といわれ、昨年頃から、美容界でもトピックスになっている炎症。炎症(インフラメーション)と加齢(エイジング)を合わせた造語、インフラメイジング(炎症加齢)に着目した化粧品も開発されている。コウジ酸はメラニン色素の産生を抑えるが、そのずっと前の段階=活性酸素の発生や、ダメージの信号を発信する情報伝達により引き起こされる炎症の段階でも、パワーを発揮していることがわかったのだ。

「炎症は老化のスイッチをオンにしてしまう美肌の大敵。肌をこすったり日焼けして赤くなったときの炎症は比較的早く対処できますが、赤くならなかったとしても炎症が日々進行していて、それが糖化、シワや弾力低下、たるみなど、老化サインを生み出すことになります。コウジ酸には抗炎症作用があるといわれていて、15年間、コウジ酸を使い続けた人の写真が、まさにその証拠ではないでしょうか」

20代で出合ったコウジ酸は、計り知れない力を秘めた成分だった。

注目の有用成分
コウジ酸は麴菌がつくる発酵代謝物。麴菌を培養したものから取り出す。1988年に国から美白有効成分として承認された。
コウジ酸は麴菌がつくる発酵代謝物。麴菌を培養したものから取り出す。1988年に国から美白有効成分として承認された。
 

美白だけでなく、老化の元凶といわれる炎症への作用も期待できます。

dermed876_1_img2_2

横田紗綾さん

よこた・さや 三省製薬 開発本部 素材開発グループ
「コウジ酸は紫外線によるシミのほかに物理的な刺激による色素沈着にも効果があります。その効果と安全性は実証されています」
「コウジ酸の美白作用は39年前に三省製薬が発見しました。当時わかっていたのは、メラニンをつくる酵素の活性を抑える作用だけでしたが、その後、美肌作用が次々と発見されました。当時は知る由もありませんでしたが、大きな可能性をもつ成分だったのです」

とてもラッキーな発見でした、と横田紗綾さん。

「単独の成分で、美白、抗糖化、抗酸化、抗炎症と、さまざまな効果を発揮する美容成分はとても珍しいのです。化粧品科学が大きく進展した現代でも、そのような成分を発見するのは、まず難しいと思います」

そもそも三省製薬がコウジ酸に美白効果があるのではと研究を始めたのは、昔から、酒や味噌を造る杜氏(とうじ)の手は白く美しい、という言い伝えがあったから。今ではあらゆる老化の元凶といっても過言ではない、炎症に作用する力もあるといわれる。

「肌の中で起きている微小な炎症は積み重なるとシミやシワ、たるみなどの年齢サインになります。抗炎症作用のあるコウジ酸はトータルエイジングケア成分として期待できると思います」


コウジ酸は肌老化の元凶、
炎症に作用します。

シミは、肌で発生した活性酸素やダメージを受けたことを広く伝える情報伝達物質など、広い意味での炎症が原因。シワやたるみにも繋がる。

dermed890_1_img2


 
抗糖化作用によって
肌の黄ぐすみを抑える。

糖とタンパク質を混合した液にコウジ酸を加えるとAGEs(エージーイーズ)の産生量が96.6%も抑制された(三省製薬調べ)。
糖とタンパク質を混合した液にコウジ酸を加えるとAGEs(エージーイーズ)の産生量が96.6%も抑制された(三省製薬調べ)。
15年前より肌が若々しく、
ツヤが出ているのがわかる。

皮膚科での試験。額から頬に広がっていたシミがほとんどわからなくなった。肌全体に透明感が出てツヤも。抗炎症による美肌作用の証明。
皮膚科での試験。額から頬に広がっていたシミがほとんどわからなくなった。肌全体に透明感が出てツヤも。抗炎症による美肌作用の証明。


 

デルメッド ホワイトニング クリームI

dermed890_item

コウジ酸配合のデルメッド ホワイトニング クリームⅠ。べたつかず、軽い使い心地なのに、保湿力にも優れている。
デルメッドご購入が初めての方に限り、
ビタミンC誘導体を配合した
基本のお手入れ4品ミニサイズ
約2週間分のサンプルをプレゼント。


●デルメッド ホワイトニング クリームⅠ 30g 7,000円。医薬部外品。

●プレゼント内容:デルメッド ホワイトニング ローション 36mL、エッセンス 12mL、ミルク 12mL、UVベイス 8mL(SPF22・PA++)。全品医薬部外品。6,200円相当。デルメッドが初めての方、お一人様および同一ご住所あたり1セット、1回限り。

●注文の締め切りは2015年2月27日(金)。

●デルメッドで開催中のその他のキャンペーンおよびステップアップ割引の適用はできません。

*表示価格は本体価格です。別途、消費税がかかります。

注文方法:
お電話:<フリーダイヤル>0120・8・47447
専用キャンペーン番号「1456」をテレコミュニケ-ターに伝えてください。
FAX:<フリーダイヤル>0120・2・69669
ハガキ:〒816-8550 福岡県大野城市大池2丁目26・7 三省製薬(株) デルメッド4CR⑪係
*2015年2月27日(金)必着

FAX、ハガキは「専用キャンペーン番号1456、商品番号158、商品名ホワイトニング クリームⅠ、注文数、4CR⑪係」を明記のうえ、郵便番号、住所(ふりがな)、氏名(ふりがな)、電話番号、生年月日、性別を明記してください。
*〈個人情報の取扱いについて〉に同意のうえ、お申し込みください。

支払方法:
代金は商品到着後1週間以内に、同封の郵便・コンビニ払込用紙で。
電話でのご注文の場合は、クレジットカード払いも利用できます。
送料:
購入金額にかかわらず、1点からでも送料無料。
お届け:
申し込み受け付け後、1週間ほどで届きます。
返品・交換:
商品到着後1週間以内に、まずは電話で連絡を。お客様の都合による返品・交換の返送料はお客様の負担となります。

〈個人情報の取扱いについて〉
三省製薬では、氏名・住所などの情報を安全に管理することを最優先に考えます。顧客情報は、通販事業における商品などの発送、利用代金の決済、関連するアフターサービス、およびその案内に限って使用します。詳細は、http://www.dermed.jp/privacy/index.phpを。

*デルメッドは通信販売のみです。三省製薬から営業の電話をすることはありません。

憧れていたクリーム、使って幸せを感じます。

問合せ先・デルメッド<フリーダイヤル>0120・8・47447 http://www.dermed.jp