マガジンワールド


竹むらの揚げまんじゅう

手みやげをひとつ (259)

temiyage_box

竹むらの揚げまんじゅう

下町の心意気を感じる、老舗甘味店の名物。



竹むらの揚げまんじゅう

 
ファッションショーの陰に、甘味あり。

彗星のごとく東京コレクションやパリコレクションに登場し、今や、日本のファッション界をリードする存在になったデザイナーの三原康裕さんには、ショーの前のピリピリしたスタッフたちを、一瞬で和ませる魔法の手みやげがある。

「それが、竹むらの揚げまんじゅうです。効果は絶大。それぞれに作業していたスタッフが集まってきて、みんな笑顔になるんです。テンションも上がりますよ」

もともと、下町が大好きな三原さん。昭和5年創業の『竹むら』が店を構える神田須田町界隈は特にお気に入りだとか。

「昭和の香りのする建物や店がたくさんあって、歩くだけで刺激になります」

中でも『竹むら』は、入母屋造りの木造3階建てで、東京都選定歴史的建造物にも指定されている建物。

「だから、手みやげを買いに行ったら、ぜひ、店でも食べることをおすすめします」

店内は、小上がりとテーブル席の古風な造り。席につくと、まず出てくるのが、桜湯というのも心憎い。ひと口ふた口飲んで、口の中が塩漬けの桜の風味でいっぱいになったところに、お待たせしました、とやってくるのが、和紙を敷いた皿に乗せられた一人前2個の揚げまんじゅう。上品な甘さのこしあんを、香ばしいごま油風味のサクサクした衣が包み込んでいる。油っこさを感じないくらいの口当たりのよさだ。

「2個じゃ足らないくらい、美味しいんですよ。そして、食べながら店中を観察します。なんたって、歴史的建造物ですからね。丁寧に磨きこまれた柱や建具、丸い小石がびっしりと埋め込まれた床。昭和初期の職人の技に圧倒されます」

しばし、昭和にタイムスリップして、先人に思いを馳せるのも、悪くない。

「時代がどんなに変化しても、変わらない味、変わらない価値観。下町の心意気は、僕にいろんなことを教えてくれます」

三原康裕さん
みはら・やすひろ ファッション&シューズデザイナー

三原康裕さん

既存の枠にとらわれない発想で、新しい価値観の作品を生み出し続けているファッションブランド「MIHARA YASUHIRO」のデザイナー。アイデア満載の服やシューズのコレクションは、海外でも高い評価が。



たけむらのあげまんじゅう●東京都千代田区神田須田町1・19 ☎03・3251・2328 営業時間 11時~20時、日・祝日休。こしあんのまんじゅうに小麦粉の衣をつけ、上質の油でカラッと揚げた。2個 470円、6個 1,410円(共に税込)。

撮影・中島慶子 文・沖さち子