マガジンワールド


音譜で建築された観念を、 生き物へと変貌させたハウシュカ。

音譜で建築された観念を、 生き物へと変貌させたハウシュカ。

クラウトロックの系譜に連なるミニマル・ミュージックの構造を持ちながらクラッシック作品のような性質を持つ、ハウシュカ最新作『Abandoned City』。

→ http://dacapo.magazineworld.jp/music/132457/