マガジンワールド


ケシシュ監督の美学と哲学が美しい映像になった。

ケシシュ監督の美学と哲学が美しい映像になった。

『アデル、ブルーは熱い色』文学好きの高校2年生のアデルがブルーの髪の美大生エマと出会い、恋に落ちた。まったく異なる環境で育ったふたりの恋はどこへ向かうのか。

→ http://dacapo.magazineworld.jp/cinema/133667/