マガジンワールド


FEATURE Enfant Terrible à Tokyo 恐るべき子供たち “ファッションエリート”

FEATURE

gz-feature213-08

恐るべき子供たち“ファッションエリート”

みなさんはご自身がアラテン(10歳前後)の頃、なにを着ていたか
覚えていますか? あふれるセンスとパッション交錯する、次世代
ファッショニスタ自慢の私服をスナップ! みんなのオシャレ格言付き♡

Photo: Shunya Arai (W)
Hair: Atsushi Takita Make-up: Yuki Komori (S-14)
Text: Harumi Hino
 
gz-feature213-02

“最近はおしゃれも落ち着いてきた”



Mappy (2001.5.24生まれ) 145cm

「派手なものとかいっぱい着てきたけど、最近はおしゃれも落ち着いてきて、トレーナーとかシンプルなものも集めたりしてるの。量より質かな?」。世界中から注目される13歳のファッショニスタ! 「ファッションのベースは〈オシャレ魔女 ラブandベリー〉というカードゲーム。幼稚園くらいからコーディネートづくりを楽しんでいたの! 小3で『GINZA』とか読むようになって、原宿に行き始めたのは小5くらい。でもね、将来の夢はジャズピアニストになってニューヨークに住むことなの♡」

gz-feature213-05


 
gz-feature213-06

“色選ぶの面倒くさいから
黒しか着ない”

gz-feature213-03



小山田米呂(まいろ) (2000.11.2生まれ) 170cm

「今日着ている服? わからない。好きな色? 色を選ぶのは面倒くさいから黒しか着ない。ブランド? あんまり知らない。親と身長が一緒なので、一緒に買いに行ったり、ネット見ながら2人で相談したり。ファッションは好きだし、昔のモッズとかの人たちは超かっこいいなあって思うけど、それを真似したいわけでもなくて……。だからブランドとかも全然わからない(笑)」。無機質だけどスタイルがある。そんな彼の親っていうのは、ミュージシャンの小山田圭吾さん。


 
gz-feature213-04

“自分が一番好きになれる、
輝けるもの”



永野芽郁(めい) (1999.9.24生まれ) 163cm

「学校の友達も大人めの雑誌を読んでいる子が多いです。もちろん『ニコラ』も大好き♡」。彼女を前に話をしていると何か不思議な感覚にとらわれる。大人っぽいルックスにしっかりとした受け答え、でも本当は中学生。雑誌『ニコラ』の専属モデルだ。おしゃれのお手本にしているのはローラや西内まりやだという。集めているアイテムは? 「シャーペン! 100本はないけど80本はあるかも!」。う〜ん、やっぱり中学生♡ お洋服の質問だったんだけどね(笑)。頬が緩みます。

gz-feature213-07


本誌P.214にもファッションエリートが登場。あわせてチェック!