マガジンワールド


第106回「人工授精と体外受精は、字も違う!?」

ブスの瞳に恋してる♥ 妊活ダイアリー
イラスト・ヤマザキマリ
イラスト・ヤマザキマリ

第106回「人工授精と体外受精は、字も違う!?」

2014年、5月に妻が妊活休業で妊活を始めて4か月後の9月。いよいよ人工授精というステップに入ることになりました。この年の2月、僕が初めて精子検査をしたときに、僕の精子の運動量があまりよくなかったりしたのもあって、そこの先生からはあまり粘らずに、人工授精、そして体外受精の段階に進むことを提案されていました。なので、二回、タイミング法で授からなかったら、次に進もうと妻と決めていました。そして進む時が来ました。

僕の周りには人工授精や体外受精で子供を授かった人がたくさんいます。だけどね、不思議なものでね、女性のほうは堂々と言う人多いんだけど、男性の場合は声を小さめにして言う人が多い。すごい秘密を打ち明けるかのように話す人まで多い。妊活してる人がこれだけいて、今や年間で、3万7000人以上の人(2012年に生まれた子どもの27人に1人)が体外受精で子供を授かっているというのに、 男性があそこまで隠したがるのはなぜなのだろうか? 妻のことを思ってという人も多いのだろうけど、決してそれだけではない気がして。人工授精や体外受精に、ちょっとした罪悪感を感じているのだろうか?

僕は妻が妊活休業をすると堂々と宣言した以上、僕のこの文章を通して、妊活をしている女性はもちろんのこと、男性に向けて妊活というものをもっと理解してもらおうと思ってます。だから妊活中の女性だったら知ってる知識も含めて、人工授精について書いていこうと思っています。

まず、人工授精と体外受精って何が違うの? ってところから。男性は意外とこういうことすら知らないんですよね。

人工授精とは、旦那さんから採取した精液(採取といいましたが、オナニーして出すわけですね)を、チューブのようなものを女性器に入れて、精液を子宮内に直接注入することで、精子と卵子が出会う確率を高めるというもの。

人工授精はタイミング療法をやってもうまくいかない人や、男性の精子量に問題がある場合、もしくは、女性の子宮内への精子の通過が困難な場合などがあるらしく、そういう時に行われる方法。利点としては、費用が比較的安かったり、毎周期ごとに行えたりします。

ちなみに、値段としては、僕らが通っている病院では人工授精、一回1万5千円ほど。

人工授精で授からず、次のステップとなるのが、体外受精。これは卵子を体外に取り出し(採卵というやつですね)、旦那さんの精子とシャーレの中で合わせて自然受精させて、数日培養した胚を子宮に戻す。

男性は体外受精したらみんな受精して子供ができるだろとか、そのくらいの知識の人も多い。

前の僕だってそうだった。シャーレの上で精子を卵子にかけたからといって、全部が受精するわけじゃなく。受精して、それが分割して、胚になって、初めてそれを子宮に戻せるんです。途中の段階で残念になってしまう場合もあるし、それに胚になったものを子宮に戻して、「着床」するのがまた難しい。子宮に戻しても着床しない人も多いわけで。

精神的にも肉体的にも疲労していく。金額的にも体外受精となるとかなりかかってきますよね。僕ら夫婦が行ってる病院では、採卵(初回)は14万7千円。

次に採卵した精子を調整して媒精という受精させるための手順を行い、授精を確認(通常一日間)の費用が6万3千円。

そこまでいったら、次は培養です。これは授精を確認してから分割を確認するまで(通常一日間)。これで2万1千円。そしてそこまでいったら、次はいよいよ胚移植。子宮に戻す作業です。これが7万3千500円。一回の体外受精で、30万4千500円(税込)かかるわけです。一回ですよ!

ちなみにですが、助成金制度もあり、住んでるところによって金額も違いますが、僕の知り合いの女性が住んでいる都内のとある区では、その人の収入によって変わってくるし、女性の年齢でも助成回数は変わるみたいですが、治療ステージにAとBがあり、その女性の場合は、Aだと20万円、Bだと25万円も出るらしく、採卵出来なかったとか、着床しなかった場合も7万5千円~15万円くらい出ることになっていたとか。

だから最初から高いと諦めず、住んでるところの助成金制度とかも調べることも大事。ただね、こういう時に旦那さんが積極的に調べてあげることが大事なんですよね。女性だけが調べて旦那さんはお金を出すだけじゃなく。こういうのを調べているだけでも、女性のストレスや疲労は大きくなっていきますから。

余談……と言ったら怒られますが、人工授精と体外受精。「授精」と「受精」と、字が違うことに気づかない人って意外と多い。これはなぜか?

人工授精は人為的に精液を子宮に直接注入する方法ですが、英語でArtificial Inseminationといって、Inseminationには種子を植えるという意味。つまり精子を中にいれるという事。

体外受精は卵子と精子をシャーレの中で合わせて受精させる方法ですが、英語でIn Vitro Fertilisationといい、Fertilisationは精子と卵子が結合して受精が起こるという意味です。

授(さず)けると受(う)けるの違いということなんですね。

さあ、基礎知識をざっと書いたところで、僕ら夫婦の人工授精。


 
今回の格言

夫にも人工授精・体外受精を理解してもらおう!
読者の皆さんもお聞き及びかと思いますが、大島美幸さん、ついに妊娠発表! おめでとうございます。経緯がますます知りたいですね。次回に乞うご期待。単行本『ブスの瞳に恋してる』シリーズ(1~4)好評発売中。



鈴木おさむ
放送作家。妻・大島美幸(森三中)の妊活休業から出産までを、詳細につづった単行本『妊活ダイアリー From ブス恋』が大人気。育休ならぬ、「父勉」(父になる勉強)中。既刊『ブスの瞳に恋してる』シリーズ1~4。