マガジンワールド


Money : 貯金代わりに入るといい!? 保険の正しい選び方。

CLUB Hanako お金を貯める
 

貯金代わりに入るといい!? 保険の正しい選び方。

年を追うごとに涙もろさが否めない今日この頃。不意に涙したあの動画は、保険会社のものだった……。そんなあなた、そろそろ保険加入のときかもしれません。
教わる人

堀川 静さん

ライター
堀川 静さん
「宵越しの銭は持たない」ことを美徳とし、主に霞を食べて生きてきた独身34歳。が、この企画を機に心機一転。よりよい人生と世界平和を夢みて、手堅く賢い投資家を目指す。
教えてくれた人

垣畑光哉さん

マネーコンフォート代表
垣畑光哉さん
大学法学部卒業後、外資系生命保険会社にて保険の多様なマーケティングを経験。現在は保険に特化したマーケティング会社マネーコンフォート代表として活躍。


 
最近増えているのが来店型の保険ショップ。複数の保険会社の商品を取り扱っているので、プランごとに保障内容や保険料の比較がしやすく便利。
最近増えているのが来店型の保険ショップ。複数の保険会社の商品を取り扱っているので、プランごとに保障内容や保険料の比較がしやすく便利。

自分が亡くなったとき経済的に困る人がいるなら死亡保険。病気に備えるなら医療保険をセレクト。備えあれば憂いなしとはまさにこのこと。
自分が亡くなったとき経済的に困る人がいるなら死亡保険。病気に備えるなら医療保険をセレクト。備えあれば憂いなしとはまさにこのこと。
1分で分かるQ&A
Q.死亡保険とは?
A. 被保険者が亡くなったとき、親や子どもなど残された遺族の生活のために備える保険。独身なら必須ではないが、結婚・出産などを経て、扶養者ができた場合、あるにこしたことはない。
Q.医療保険とは?
A. 病気やケガなど介護が必要な状態になったとき必要になる費用に備えるための保険。治療費や入院費だけでなく入院中の所得を保障してくれるものも。高額療養費制度で賄えない場合◎
Q.終身保険とは?
A. 一生涯保障してくれる保険。満了まで月々の支払いを継続し、済ませれば、その後死ぬまで保障してくれる。早期解約しない限り、満了後必ず増えて戻ってくるのが特徴で、貯蓄性が高い。


 

入ればいいってもんじゃない。きちんと取捨して、賢く生きる。

堀川 やっぱり保険て、入っておいたほうがいいんでしょうか?
垣畑 ご結婚は?
堀川 まだです。
垣畑 お子さんは?
堀川 いません。
垣畑 でしたら、特に入らなくていいと思います。
堀川 あれ、勧められると思っていたので意外です。
垣畑 自分が死んだとき、経済的に困る人がいない限り、加入しなくても問題ないと思います。
堀川 それは死亡保険の場合ですよね? 医療保険はどうですか?
垣畑 日本には国民健康保険や高額療養費制度というのがあるので、それで十分だと思いますよ。
堀川 そうなんですね。
垣畑 ただ、新薬投与など保険適用外の最新医療は例外なので、そういう治療を望む場合には入っておいたほうがベターではあります。
堀川 なるほど。
垣畑 死亡保険は困る人がいる場合、医療保険はプラスアルファとして考えるのがいいでしょう。けれどもし、そろそろ保険でもと思うなら、おすすめは終身保険ですね。
堀川 といいますと?
垣畑 平均寿命で死ねたらいいけど長生きしちゃったとき(笑)、年金がもらえるかわからないし、もらえたとしてもおそらく足りない。そんな老後のリスクのために、入っておいて損はないです。


 
教えて! 垣畑さん
生命保険会社と損害保険会社の違いって?
「日本の法律上、保険会社はヒトの保険とモノの保険の2つにわかれています。それが生命保険会社と損害保険会社。デパートで商品を壊し賠償責任を負ったときなどは損保に該当します。損保はマンションの賃貸契約に含まれていて、意外とみなさん入っているものなんですよ」
終身保険をおすすめする理由は?
「早期解約しない限り、終身保険は満了後なら掛け金が必ず増えて戻ってくるので合理的。一番得する保険だと思います。払い続けられないとダメですが10年以上の貯金をするならおすすめです。お金が貯まるだけでなく、しかも保障がついてきますからね。これはお得ですよ」



photo:Toru Matsushima text:Shizuka Horikawa illustration:Yurikov Kawahiro