マガジンワールド


ナチュラルなフレグランスで初夏の気分を盛り上げる。

〔Hanako/Hanacomme ça/Beauty〕
左・バラ、ピオニー、ジャスミンなどの香りで、色香と洗練が調和。クリーン リザーブ ブロンドローズ オードパルファム 100㎖ 1万3500円(フィッツコーポレーション ☎03・6892・1332) 右・蝶が花の蜜を吸う様子からインスパイア。女性の多面的な美しさを表現。ダウンパフューム オードパルファム バタフライ・ネクター 30㎖ 9500円(デュード ☎03・5458・3085)

日差しが強くなって、木の緑もだんだんと濃くなって……ふと気づけば周囲は初夏の空気感。となると、これまでつけていたフレグランスが重たく感じたりするもの。香りを変えて、気分までも変えてみない?

今回おすすめするのは、ナチュラルな香料を多く使った、軽やか&ニュアンスある香りたち。まずは〈クリーン〉。もともと「石けんみたいな優しい香り」で人気のブランドだけど、新作のこのフレグランスはもう少し大人っぽい雰囲気。スプレーすると、漂うのはバラを中心としたフラワーノート。「バラ=甘い」と思いがちだけど、これは、甘さの中に柑橘のフレッシュさや青っぽさが感じられて、時間が経つにつれてフェミニンに。ムンムンする色気でなく、そっと寄り添うようなセクシーさが表現できるから、さりげなく女らしさを強調したいときに。

もうひとつは〈ダウン〉。アメリカ人と日本人、2人のパフューマーによって設立されたブランドで、天然香料を用いて、ハンドメイドでつくられているのが特徴だ。新作のバタフライ・ネクターは、フローラルにオレンジ、キューカンバー、アプリコットなどのジューシーなノートがミックスされた愛らしい香り。とはいえ、スパイスの要素も混じっていて、単なる可愛さでは終わらない。スイートかと思えば、爽やか。爽やかかと思えば、奥行きがある。と印象がクルクル変わって、とらえどころがないのが魅力的。つけていると、「どんな人なんだろう?」と相手に好奇心を抱かせることができるかも。

どちらの香りも本当にライトなので、香りをつけて行きづらい職場で働く人にもうってつけ。また、手持ちのフレグランスと重ねづけして、自分だけの香りを楽しむのもアリ。気軽にまとって、一気に初夏の気分を盛り上げて!

 
左・バラ、ピオニー、ジャスミンなどの香りで、色香と洗練が調和。クリーン リザーブ ブロンドローズ オードパルファム 100㎖ 1万3500円(フィッツコーポレーション ☎03・6892・1332) 右・蝶が花の蜜を吸う様子からインスパイア。女性の多面的な美しさを表現。ダウンパフューム オードパルファム バタフライ・ネクター 30㎖ 9500円(デュード ☎03・5458・3085)


 
入江信子/美容エディター。フレグランスが大好きで、いくつもの香りを季節や服装で使い分ける。最近ナチュラル系の香りにハマり中。
 
photo: Akiko Mizuno
Hanako1109号「Hanacomme ça」掲載