マガジンワールド


どこでもいい音が聴きたい。

〔Hanako/Hanacomme ça/Electronics〕
近年、日本でも定額制音楽配信サービスが相次いでローンチされ、私たちと音楽の関係はより親密に。一人でも大勢でも、せっかく好きな音楽を聴くなら、その音質にもこだわりたい。今回は人気音響機器メーカーからリリースされた、ワンランク上のサウンドが楽しめる新型モデルを紹介。女性のライフスタイルにすんなりなじむ、柔らかな色合いやフォルムにも注目です!
BeoPlay H6 MKⅡ 4万5278円。問 完実電気サポートセンター ☎03・3388・6838
上質なレザーから心地よく流れる重厚な低音。
高級AVブランド「バング&オルフセン」の機能やデザインはそのままに、よりカジュアルに音を楽しむ「B&O PLAY」。ブランドのアイコン的なヘッドフォンの新型「H6」はハウジングに低域の音を調整するためのベースポートを内蔵し、量感豊かで迫力のある低音が楽しめる。ヘッドバンドには牛革、イヤーバンドに羊革と2種類のレザーを施した贅沢な作りながら一般的なヘッドフォンとほぼ変わらない重量。柔らかなフィット感も魅力。
Point
革を育てる楽しみ。
ヘッドバンドには最高品質の原皮のみを厳選して作られた牛革を使用。天然皮にタンニンなめしを施した豊かな風合いは、経年変化も楽しめる。
DATA
BeoPlay H6 MKⅡ 4万5278円。問 完実電気サポートセンター ☎03・3388・6838
BeoPlay H6 MKⅡ 4万5278円。問 完実電気サポートセンター ☎03・3388・6838


 

ボーズ サウンドリンク カラー Bluetooth スピーカー 1万5000円。問ボーズ ☎0570・080・021
軽くてパワフル! 音楽を手軽に持ち運ぶ。
音響システムでおなじみの「ボーズ」の、わずか0.53㎏という軽量スピーカー。しかも、リチウムイオンバッテリーで約8時間の連続再生が可能。肝心のサウンドはというと、ボーズ独自のデュアル・オポージング・パッシブラジエーターを搭載し、不要な振動を抑えながら深みのある重低音を実現。ボディはホワイト以外にブラック、ブルー、レッド、ミントの5色展開。自分好みの色を探して音を外に連れ出そう。
Point
8台前まで覚えてます。
押しやすいゴム製ボタンパッドで操作が楽。ペアリング履歴は直近8台まで保持できるから再接続時もスムーズにペアリング。

DATA
ボーズ サウンドリンク カラー Bluetooth スピーカー 1万5000円。問ボーズ ☎0570・080・021
ボーズ サウンドリンク カラー Bluetooth スピーカー 1万5000円。問ボーズ ☎0570・080・021

 

フィリップス ワイヤレススピーカー izzy BM5 1万7000円(編集部調べ)。問フィリップスオーディオサポートセンター ☎050・3388・6835
Bluetoothに繋ぐだけ。簡単接続スピーカー。
Wi-Fiルーターや専用アプリは必要なし。Bluetoothで手持ちのスマートフォンなどと接続して音楽が聴けるスピーカー。そして、最大の魅力が同じスピーカー同士の接続が最大5台までできる点。たとえば、マスタースピーカー1台をリビングに置き、キッチン、ダイニング、寝室にそれぞれスピーカーを置くとどの部屋でも同じ音楽を楽しめる、マルチルーム設定が簡単に。大勢で集まるホームパーティなどで大活躍!
Point
インテリアになじむキューブ型。
コロンと丸みを帯びたフォルムは女性のインテリアにもすんなりマッチ。幅、奥行きともに16.5㎝とコンパクト。机の上にも置けちゃいます。

DATA
フィリップス ワイヤレススピーカー izzy BM5 1万7000円(編集部調べ)。問フィリップスオーディオサポートセンター ☎050・3388・6835
フィリップス ワイヤレススピーカー izzy BM5 1万7000円(編集部調べ)。問フィリップスオーディオサポートセンター ☎050・3388・6835

 


photo: Akiko Mizuno text: Mariko Uramoto
Hanako1110号「Hanacomme ça」掲載