マガジンワールド


レストランで、オウチで、ワインとともにおいしい時間を。

〔Hanako/Hanacomme ça/New Shop〕

I.ni.maruイニマル

手前から、岩中豚のロースト、鴨コンフィとキノコ スパゲットニ。
手前から、岩中豚のロースト、鴨コンフィとキノコ スパゲットニ。

4坪7席の極小店で、内容充実のおまかせ料理を。

カウンター7席のみ、料理は3800円のおまかせ1本。初めてだとハードルが高そうだが、座ってしまえば時間をおかずになじめる。料理もサーブも、オーナーシェフの陵本慶剛さんがひとりで行う。ワインバー「祥瑞」のシェフを経てここで自店を開き、一度は離れたが再び同じ場所へ。前菜2品、メイン、パスタを2人でシェアがお決まりだが、「前回と同じ料理は出さない、食材などのリクエストもOK。小さな店のおもしろさを味わってほしい」。そのため、訪れる前に予約を。

港区赤坂3-14-5 赤坂リーズビル1F ☎03・3505・5066 11:30~13:30頃、18:00~23:00頃 日祝休/全7席。小さな店なので電話で空席確認を。


アミューズが付く。
アミューズが付く。
ワインは約20種、ボトル4500円前後、グラス800円~。
ワインは約20種、ボトル4500円前後、グラス800円~。
マグロのタルタルと自家製スモークサーモン。
マグロのタルタルと自家製スモークサーモン。



Cucina Siciliana LASTRICATO ラストリカート

シェフのおまかせ前菜盛り合わせ1500円(2名~、写真は3名分)。
シェフのおまかせ前菜盛り合わせ1500円(2名~、写真は3名分)。

シチリア地方がベースの郷土料理を楽しみに。

今夏、シチリア料理の名店として名を馳せた、元「アルキメーデ」の重康彦さんをシェフに迎え、コンセプトチェンジ。フォーカスしたのはもちろん彼の地の料理。まずは前菜の盛り合わせから。リコッタチーズのサラダを米ナスで巻いてグリルした〈インボルティーニ〉や、揚げたナスの甘みとビネガーの酸味が絶妙な〈カポナータ〉など、シチリアの美味が満載のひと皿だ。約50種と厚い品ぞろえの同郷のワインを合わせれば、おいしい夜を送れること間違いなし。

新宿区神楽坂4-6 1F ☎03・5261・4226 11:30~14:30、17:30~23:30(土日祝~22:00) ※LOは閉店の1時間前。月休/2階は同系列のリストランテ。


サフランを練りこんだキタッラ 真鰯のシチリア風トマトソース1800円。
サフランを練りこんだキタッラ 真鰯のシチリア風トマトソース1800円。
ラカラロッソ6500円。軽やかな飲み口で肉にも魚にも合う(各税込)。
ラカラロッソ6500円。軽やかな飲み口で肉にも魚にも合う(各税込)。
image



FRAU KRUMM フラウ クルム

パンは全40種。日本初上陸のドリップマシンで淹れる「HORIGUCHI COFFEE」のコーヒーもおすすめ。
パンは全40種。日本初上陸のドリップマシンで淹れる「HORIGUCHI COFFEE」のコーヒーもおすすめ。

ドイツパンをかじりつつ、ワインで乾杯。

プロテニスプレーヤー・クルム伊達公子さんプロデュースのドイツパンの店。香ばしさが自慢の〈ブレッツェル〉や〈ラウゲンクロワッサン〉、ほどよい酸味の〈クルムブロート〉などが並ぶ。そのままでももちろん、惣菜と合わせて食べればより一層ワインに合う。

渋谷区恵比寿1-16-20 ☎03・6721・6822 7:30~18:00 日休


ブレッツェル200円、ラウゲンクロワッサン300円(各税込)。
ブレッツェル200円、ラウゲンクロワッサン300円(各税込)。



Sun&Witch原宿 by パンとエスプレッソと サン・アンド・ウィッチ

ゴルゴンゾーラバーガー1200円、スパークリングワインはグラス500円、ポテトドリンクセット400円(各税込)。
ゴルゴンゾーラバーガー1200円、スパークリングワインはグラス500円、ポテトドリンクセット400円(各税込)。

昼はバーガー店、夜はバールに変身!

女性に一番人気は、ゴルゴンゾーラバーガー。オーストラリアビーフ100%のパティを、全粒粉が風味よく香るバンズが受け止め、チーズと具だくさんのタルタルソースが両者をつなぎ一体感のある味わいに。夜は軽く飲みに立ち寄れる。

渋谷区神宮前3-27-3 ☎03・6804・1914 9:00~23:00(22:00LO)、バルメニューは17:00~ 無休



photo: Michi Murakami text: Yumiko Ikeda
Hanako1117号「Hanacomme ça」掲載