マガジンワールド


From Editors No. 1057 フロム エディターズ

副編集長より

スイーツで癒され、笑顔になる。2014年は福々しく参りましょう。

スイーツは癒しです。Hanakoは女性に向かって編集しているわけですが、男にとっても待ち遠しい年に一度の特集。できたての特集を読者気分で改めて眺めながら、特に惹かれる写真を見つけて本文を読む。そして出かける。気軽に食べられるのがスイーツの良いところ。さっそく伊勢丹『PIERRE HERMÉ』にでかけ定番の「イスパハン」を購入。バラ、ライチ、フランボワーズ…繊細である。そう。「イスパハン」はオハヨー乳業とコラボしたヨーグルトバージョンもあり、こちらは日常的にコンビニで手に入るので嬉しい。(オハヨー乳業といえばHanakoも一日分の鉄分ヨーグルトやスムージーを展開してます。おいしいです。こちらもよろしくお願いします。ちょっと宣伝。)

そんな折、Hanako連載陣の野村友里さんからご自身が作られた「eatrip little. Peanut Butter Cookies」をいただいたのですが、これはピーナッツバタークッキーといいながら、その味わいはまるで別世界。溶けるんです。ビジュアルもパウダースノウにベージュのクッキーが瓶詰めになっていて。いや…表現できてない。雪が降りそうで降りませんが、とにかくこの瓶の雪感にココロ洗われます。特にこの季節、ぜひ、体験を。

さらに旧友から伊勢名物「赤福」をいただいた。和菓子も良いです。スイーツで笑顔になる。Hanako読者のみなさま、2014年は福々しく参りましょう!

副編集長 戸高良彦 


担当編集より

好きな人とそうでない人にも捧ぐ、スイーツ尽くしの一冊。

年に一度、恒例のスイーツ特集です。
ティラミスにナタデココ、近年ではパンケーキブームを見守り続け、勝手にスイーツ隊長を自称するHanako。この特集をやっているとたくさんの人に聞かれます。「いま一番流行っているのは?」「これから何が流行るの?」。いつの時代も、スイーツのブームには皆さん敏感なようです。
 
毎年やっているわけですから、もちろんHanakoも考えます。今年のスイーツの傾向は?と。2013年から2014年にかけては、「とにかくこれがブーム!」というよりは、いくつかのトレンドやブーム、そしてこれから火がつくかも?というブームの種がいくつも乱立した、まさにスイーツ百花繚乱の年だったと、個人的には思っています。そこで今回はそれらすべてをひっくるめて、18個のニュースの切り口で1年のスイーツ界の動きを総ざらいしました。大きくは、ポップコーンやパンケーキを中心に勢いづくアメリカンスイーツの大ブームと、東京の名パティシエたちによるフランス伝統菓子の再ブーム。そこに、アフタヌーンティーの最新事情、進化するパン屋さんのお菓子、バレンタイン前に気になるチョコレートのニュース……。と、様々な事象が入り乱れ、かなり楽しいことになっています、今年のスイーツ。スイーツ好きの方、必見です!
 
そして。これは余談ですが、初めてスイーツ特集を手伝わせてもらった5年前、私は正直甘いものがあまり好きではありませんでした(編集担当がこんなこと言っていいのかわかりませんが)。しかし、毎年のスイーツ特集に関わるうちに、まんまとスイーツ好きになってしまいました。東京のスイーツレベルの高さを知ってしまった、というのが一番の理由です。食べておかなきゃもったいない! と。
 
そんな珠玉のスイーツたちをたくさん紹介している今回の特集は、スイーツ好きの方はもちろん、あまり興味がないという人にも読んで欲しい一冊です。感動的なおいしいケーキに出会って、新しい世界の扉を開いていただけたら幸いです!

編集担当 山本有紀