マガジンワールド


From Editors No. 1061 フロム エディターズ 編集長より

編集長より

銀座から日本橋まで「春を歩く」必携の一冊。
東京駅も日本橋もHanakoも「原点回帰」です。

特集「銀座、東京駅、日本橋」です。刷り上がったばかりのHanakoを見た関係者から「東京駅だけ駅なんですね!」と指摘され、ハッとした。
 
なるほど。頭の中で銀座から有楽町、八重洲へと続く街を思い描きながら自然にタイトルをつけたのですが、東京駅は「駅」ですね。でもつまりこれは、東京駅が単なる駅ではなく「街」になったということ。観光地化した駅。昨年完成のタイミングで作ったHanako「東京駅」特集は、首都圏のみならず東京駅が終着駅である大阪、仙台、長野、静岡、横浜などの遠隔都市でとても売れました。
 
思えば建築家 辰野金吾が設計した100年前、おそらくたくさんの観光客が日本中から東京駅見物にやってきたはず。物質的にも存在意義としても、東京駅は原点回帰を果たしたのだと思います。日本橋の再生もまた同じです。コレド室町2、3が完成して石畳の小径が江戸情緒をかき立てます。TOHOシネマズ 日本橋は金曜土曜オールナイト上映を開始。話題のレストランも多数集まり、夜遅くまでにぎやかになりました。
 
そして銀座。「銀ぶら」の原点である『カフェー パウリスタ』で「銀座でブラジルコーヒーする→銀ぶら」から特集を始めました。Hanakoも原点回帰。春を歩く必携の一冊として活用していただくために作りました。

編集長 戸高良彦