マガジンワールド

なんだかヘンなパンに出会ったときのうれしさ。 From Editors No. 1128 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

なんだかヘンなパンに出会ったときのうれしさ。

ロールパンにバターをこれでもか、とつけてほくそ笑むような、そういうパン好きです。だからいわゆる「近所のパン屋」として愛される店をたくさん取材できたことは、楽しかった。

中でも印象深かったのは、愛知県に90年続く〈コンドーパン〉。近くに来たからちょっと寄ってみたんですよ、なんて言いたくなるような(取材で来たのに)、さりげなさが素敵なお店です。どのパンも本当に安くて、甘いおやつの「三角トースト」は50円。お店を営む近藤さんに、「うちは原価だけで計算しちゃうからね」とほほえまれると、もうファンに。

そんな取材を通して、私はひとつの確からしい事実に気付いたのですが、「近所のパン屋さん」には、何かしら「ヘンなパン」がある。日々パンをつくり、お客さんの要望に応えるうちに独自の進化を遂げ、地元では普通なのだけれど、初めて見ると「?!」となるパン。

コンドーパンでは、「生クリームパン」がそれです(写真)。かつてはケーキも作っていたという近藤さんがパンに商品を絞ったとき、「でも生クリームは食べたい!」というお客さんの声に応え、生まれたパン。即、購入。

ユニークなパンに、どうして惹かれてしまうんだろう……と思ったとき、その原点として思い当たったのが、絵本の「からすのパンやさん」です。きつねパンやえんぴつパン、いろんなパンが並んだページに、夢中になった人は多いのでは? というわけで、誌面ではあの名シーンと、作者のかこさとしさんのインタビューも掲載しています。ぜひご覧ください。

Hanako 1128号:from editors
開いたコッペパンに、生クリームがたっぷり塗ってあります。甘めのクリームとシンプルなコッペパンの相性がいい感じ。

(担当編集・武藤寛奈)


Hanako No. 1128

今、食べたいのは なつかしいパン。

600円 — 2017.02.23電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1128 —『今、食べたいのは なつかしいパン。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。