マガジンワールド

“ロケハンあるある”にならず、天気に恵まれたロケ当日。 From Editors No. 1135 フロム エディターズ 担当編集より

担当編集より

“ロケハンあるある”にならず、
天気に恵まれたロケ当日。

私たち編集者がページを作る作業の行程で、“ロケハン”なるものがあります。ロケーション(撮影場所を)・ハンティング(探す)、略してロケハン。取材候補のお店に試食に行ったり、ファッションやポートレート撮影の場所を下見に行くことなどを言います。

ゴールデン・ウィークの谷間のとある平日、カマラマンの大森克己さんと一緒に、表紙と扉ページの撮影のロケハンに鎌倉〜江ノ電沿線を歩いていたのですが、めちゃめちゃ晴れて、湘南の風も爽やか。
私「天気良くて気持ちいいですね〜♪」
大森さん「うん…、でも、当日もこうだといいんだけどね…」

そう、この世には“ロケハンあるある”なるものがありまして、その一つがロケハンの日は天気良かったのに、撮影本番の日は天気が悪いこと。ロケハンの日の青空ちょ〜だい!! と私もこれまで何度思ったことか。

しかし今回の撮影本番は、ロケハンの日を凌駕するくらいの見事な青空で、佐藤栞里さんの笑顔がとっても映えました。佐藤さんのマネージャーさんがおっしゃるには「うちの佐藤、晴れ女ってわけじゃないけど外ロケでほとんど雨が降ったことないので本人も『私、曇り女なんです』ってよく言ってるんですよ」とのこと。いやいや、佐藤さんは十分“晴れ女”だと、Hanakoは認定させていただきました!!

(担当編集:横山佐知)

あまりに晴れて日差しが強すぎたため、肩車で高さを作って傘をさして影を作っているの図。
あまりに晴れて日差しが強すぎたため、肩車で高さを作って傘をさして影を作っているの図。


Hanako No. 1135

日帰りも、泊まりも。 鎌倉へ。

650円 — 2017.06.08電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
Hanako No. 1135 —『日帰りも、泊まりも。 鎌倉へ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。