マガジンワールド


Hanako K-Diary韓国HIPHOP界の熱気をライブで再現。Block B、東京国際フォーラム2daysを開催

メンバーが作詞作曲、プロデュースを手掛ける高い音楽性に加え、ビジュアルのよさも売り。公演は若い女性を中心に賑わった。
メンバーが作詞作曲、プロデュースを手掛ける高い音楽性に加え、ビジュアルのよさも売り。公演は若い女性を中心に賑わった。
実力派ラッパーたちが総出演するサバイバル番組の放送をきっかけに、かつてないHIPHOPブームが巻き起こっている韓国。そんな中でも、メジャーな人気を獲得しつつ、何かとディスりたがるHIPHOP業界人からも「イケている!」と崇められている稀有なグループがBlock B(ブロックビー)だ。
日本では2015年1月にメジャーデビューし、活発な活動をしている彼らが5月9日、10日に東京国際フォーラム ホールAで来日公演「Block B LIVE 2016‘BLOCK BUSTER IN JAPAN’」を開催した。本公演は、今年4月にソウルで行われた同名公演の日本公演。セットリストは、日本語曲があるものは代替しつつも、ほぼ韓国公演に準じており、本国での勢いをがっつりと感じさせてくれるライブとなった。

桜が散る映像をバックに、別れを迎えた男の揺れ動く心をしっとりと歌ったネオソウル系の『数年後に~A few years later』からスタート。2曲目からはギアチェンジをし、『NICE DAY』『HER(Japanese Version)』、『Very Good (Japanese Version)』といった、踊らずにはいられないゴキゲンナンバーを連打。『Be the Light』『Did You or Did You Not』では、美メロでうっとりさせたかと思えば、MCを挟んで披露した『ロマンチックに』は、ジャズ・アレンジをプラス。

自由奔放なエンターテイナーとして高い評価を獲得し、日本でのキャッチコピーも愛嬌たっぷりな“WARUGAKI“だったりするBlock B。だが、ライブを見るとそれはあくまで彼らの一面であり、広い音楽的キャパシティーを持つ、一級のアーティストであることを改めて確認できる。

パフォーマンスではガンガンに攻めの姿勢の7人だが、MCでは一転。日本語が得意なユグォンを中心に、メンバーのパクキョンを「キョンちゃん♪」、ピオを「末っ子ピオちん♡」と呼び合うなど、ワチャワチャとトークを弾ませる様子は、まるで男子校のノリ。パフォーマンス中とのギャップもたまらない。


古代から中世、現在、そして未来へ。ステージ演出では「時」をテーマにしたイメージ映像が効果的に使用された。
古代から中世、現在、そして未来へ。ステージ演出では「時」をテーマにしたイメージ映像が効果的に使用された。


イケメン担当が美女変身!? ソロステージで個性爆発

中盤のソロとユニットコーナーも見どころ満載。パクキョンは初ソロ曲『普通の恋愛』を披露したのだが、コラボした女性歌手、パク・ボラム役を務めたのは女装したジェヒョ! グループのイケメン担当だけあり、遠目から見れば完璧な美女(笑)。ジェヒョがパクキョンの頬にキスをするというオチまで楽しませてくれた。

今やソロ、そしてプロデューサーとして本国ではカリスマ的な人気を得ているジコは、アーバンR&Bのソロ曲『君は僕 僕は君』を、オシャレな雰囲気たっぷりに披露。それにしても、長い手足をゆらりと動かすだけでも絵になるジコ。女性芸能人からモテモテという逸話もうなずける。
ビボム、ユグォン、ピオで構成されたユニット、BASTARZは『Charlie Chaplin』、『NOBODY BUT YOU』『Sue Me』『品行ZERO(Japanese Version)』を披露。「アルバム全曲を披露したくて、たくさん練習しました」(ビボム)と語るだけあり、単独ライブのような盛り上がりを見せた。テイルはf(x)のルナがオリジナルを歌っていたバラード『愛だった』を、ファルセットを駆使して完璧に歌い上げた。


MCは全て日本語で進行。「叫べ~、トウキョウ!」「みんなでジャンプして!」と日本語でのコール&レスポンスもバッチリ。
MCは全て日本語で進行。「叫べ~、トウキョウ!」「みんなでジャンプして!」と日本語でのコール&レスポンスもバッチリ。


新曲『TOY』を初披露。夏の単独公演の発表も

日本初披露となる『TOY』から始まった後半は、ライブの鉄板曲である『Jackpot (Japanese Version)』、『NILLILI MAMBO』『NalinA』と続き、『VERY GOOD (Rough Version)』で本編は終了。メンバーの幼少期の写真で構成されたVTR明けのアンコールで披露された『Movie’s Over (Japanese Version)』まで約2時間半、全25曲を汗だくになりながら全力で聴かせてくれた。

会場ステージやセットそのものはごくシンプルだったが、楽しい余韻がたっぷり残る公演になったのは、「観客を楽しませたい!」という、常に前のめりな姿勢のパフォーマンス力があったからこそ。Block Bをライブで見ると、間違いなく虜になる。

MCで「これからの日本活動を期待してください!」(ジコ)と語っていたように、6月15日に日本第4弾シングル『Toy』が発売され、7月27日からは全国3都市を巡るツアー『Block B 2016 LIVE TOUR~SHOWDOWN ‘S’~』がスタート。さらにジコはソロとして、8月に開催される「サマーソニック2016」への出演も決定した。この夏、K-HIPHOPデビューを飾りたい方に、彼らのライブは絶対のおススメだ。


パクキョンがプロデュースした『Walkin’ In the Rain』では、黄色の傘を使い、キュートにパフォーマンス。
パクキョンがプロデュースした『Walkin’ In the Rain』では、黄色の傘を使い、キュートにパフォーマンス。


リーダーのジコ。若干23歳だが、ラッパー&コンポーザー&プロデューサーとして高い評価を得ていて、本国ではカリスマ的存在。
リーダーのジコ。若干23歳だが、ラッパー&コンポーザー&プロデューサーとして高い評価を得ていて、本国ではカリスマ的存在。
Block Bのダンス番長、ビボム。BASTARZの『NOBODY BUT YOU』では、ユグォンと共に女性ダンサーとセクシーな踊りを披露。
Block Bのダンス番長、ビボム。BASTARZの『NOBODY BUT YOU』では、ユグォンと共に女性ダンサーとセクシーな踊りを披露。
東京公演でもスーパー低音ボイスが絶好調だったピオ。最後の挨拶では「みなさんと一緒に過ごしたこの時間を忘れません」とコメント。
東京公演でもスーパー低音ボイスが絶好調だったピオ。最後の挨拶では「みなさんと一緒に過ごしたこの時間を忘れません」とコメント。
日本語MCでも活躍したユグォン。「主演映画『Qちゃん』が6月25日に公開されます。感想をインスタグラムにください」とPR。
日本語MCでも活躍したユグォン。「主演映画『Qちゃん』が6月25日に公開されます。感想をインスタグラムにください」とPR。


最近、曲作りにも精力的なパクキョン。披露した『Walkin’ In the Rain』では「日本語Ver.もほしいですか? 社長お願いします!」とアピール。
最近、曲作りにも精力的なパクキョン。披露した『Walkin’ In the Rain』では「日本語Ver.もほしいですか? 社長お願いします!」とアピール。
K-POP界でも屈指の歌唱力を誇るメーンボーカル担当のテイル。MCでは「日本のファンと音楽で共感できてうれしいです!」と笑顔。
K-POP界でも屈指の歌唱力を誇るメーンボーカル担当のテイル。MCでは「日本のファンと音楽で共感できてうれしいです!」と笑顔。
イケメン担当のジェヒョ。最後の挨拶では「皆さんからもらっている愛は、これからの活動で返していきます!」とファンに約束。
イケメン担当のジェヒョ。最後の挨拶では「皆さんからもらっている愛は、これからの活動で返していきます!」とファンに約束。


Photo: Michi ISHIJIMA