マガジンワールド


『ロッカールームで待ち合わせ』1110号 はみだしレポート 競泳 中村 克選手 所属:イトマン東進 専門種目:自由形

本誌連載「ロッカールームで待ち合わせ」で、紹介しきれなかった写真&こぼれネタをお届け!
トーク中、表情がクルクル。ハジける笑顔がまぶしいー!
トーク中、表情がクルクル。ハジける笑顔がまぶしいー!

「匂いフェチではなく、いい香りが好きなんです!」

母校・早稲田大学のプールで練習中だった中村克選手。午前の練習終わり、『Hanako』の取材に応じてくれました。撮影が始まり、カメラマンがシャッターを切っていると、突然、「はっ!」という顔を。「(スイムウエアの)ヒモがダラーンって出てました。ヤベー!」と、慌ててヒモを仕舞う姿がなんともかわいくて。照れる笑顔もまぶしすぎる~♥

本誌でも紹介した通り、癒しアイテムは爽やかな香りの消臭スプレー。「匂いフェチですか?」と聞くと、「匂いフェチっていうと、なんかちょっとヘンタイちっくですよね?(笑) いい香りが好きなんです」と笑う。「香りにこだわりだしたのは柔軟剤からで。薬局に行き、いろんな種類をテスターで嗅いで、自分好みの香りを探してましたね。今、使っているのは“ダウニー”なんですけど、ダウニーにもいろんな香りがあって迷います」

先の日本選手権、100m自由形では自身が持っていた日本記録を更新しての優勝。リオ五輪の切符を手にした。最初に日本新記録を出したときは、ご褒美に、大好きな焼肉をたらふく食べたそう。「好きなものを食べるのが一番のご褒美。物欲はあまりなくて…。買い物に行っても、ウィンドウショッピングで満足しちゃうし、基本、シーズン中に大きいものを買うことはないです。シーズンが終わって、その出来次第でいいものを買おうと決めてます」。ちなみに、成績が良かった昨シーズンは高級ブランドのダウンジャケットを購入。「ちょっと高くて、買うかどうかかなり迷ったんですけど、友達にも背中を押されて買っちゃいました(笑)」。リオの舞台でメダルを手にしたら…どんなご褒美が待っている!?

水から出る瞬間の美しい筋肉や腱に注目。「安心してください、穿いてますよ!」
水から出る瞬間の美しい筋肉や腱に注目。「安心してください、穿いてますよ!」
PROFILE:
なかむら・かつみ
1994年2月21日生まれ
B型、身長183㎝
東京出身
趣味:食べること
中学1年で競泳を始める。早稲田大学時代には、4年時に学生選手権で50mと100mの自由形で2冠を達成。4月の日本選手権では100mで48秒25の日本新記録を樹立。リオ五輪自由形リレーの代表に。
そして、
ここで会えます…
日本人初の
47秒台を目指して!
5月20日から開催される『ジャパンオープン2016』自由形(50m、100m)に出場予定。中村選手の詳しい情報はHPで。
polyvalent.tokyo.jp/nakamura


※この記事は、本誌(5/26発売号)の「ロッカールームで待ち合わせ」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタです。
photo: Emiko Tennichi text: Naoko Sekikawa