マガジンワールド


『ロッカールームで待ち合わせ』1117号 はみだしレポート パルクールパフォーマー ZENさん所属:LDH

本誌連載「ロッカールームで待ち合わせ」で、紹介しきれなかった写真&こぼれネタをお届け!
image

「舞台挨拶ではガチガチに緊張。
マイクを持つ手も震えていました(笑)」

パルクールの魅力を世間に広めるべく、EXILE TRIBEのライブにゲストパフォーマーとして参加したり、俳優としてテレビドラマに出演したりと、多方面で活動中のZENさん。本誌取材日も出演映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の舞台挨拶で地方を回っており、感想を聞くと、「緊張しましたー」とポツリ。これまで何度もパルクールの国際大会に出場し、緊張など全く感じさせないダイナミックなパフォーマンスで好成績を残してきた。そんな強心臓の持ち主でも緊張してしまうもの? 「パルクールは自分が最も情熱を燃やし、ほぼ365日、打ち込んでいるものだから自信を持って臨めます。でも、舞台挨拶のような普段経験しないものには僕も普通にビビりますよ。今日なんてガチガチに緊張して、マイクを持つ手も震えていましたから(笑)。見える距離にいる人たちの前でマイクを持つの苦手です。むしろ、東京ドームぐらい広くて、お客さんとの距離も遠かったら大丈夫なんですけどね」。照れながら、かわいい本音を漏らしてくれました。

PROFILE:
ゼン
1993年5月13日生まれ
A型、身長174cm
東京都出身
15歳のときパルクールと出会い、16歳で単身アメリカへ渡り修行を積む。今年4月にラスベガスで開催されたパルクール世界大会では3位に輝く。現在は、様々なメディアでパルクールの魅力を伝える活動も行う。1stフォトエッセイ『FLY』も発売中。
GO! GO!
ここで、観られます!
大阪、東京で開催される『ウルトラヒーローズTHE LIVE アクロバトル クロニクル 2016』に出演。ZENさんの超人的なアクションは必見。 m-78.jp/acrobattle/


※この記事は、Hanako1117号掲載の「ロッカールームで待ち合わせ」で紹介しきれなかった写真&こぼれネタです。
photo: Rie Odawara text&edit: Naoko Sekikawa