マガジンワールド


大人POPカルチャーJUNHO(ジュノ)From 2PM

JUNHO(ジュノ)
4年目のソロ活動は、4thミニアルバム『DSMN』で始まる。Don’t Stop Me Nowの略語とのことだが、韓国での俳優活動も含めたジュノの活躍を表したひと言にも思える。7月からは全国ツアーがスタート。2PMの東京ドーム公演も発表された今。多忙をきわめる毎日が醸し出すスターのオーラの秘密、聞いてきました。

DSMN

3年前の夏、1stミニアルバム『キミの声』で日本ソロデビューを果たしたジュノ。その後、『FEEL』『SO GOOD』と毎夏リリースし、冬生まれの彼に“夏男”のイメージがいつしか定着した。そして今夏、4枚目のミニアルバム『DSMN』が到着。疾走感あふれる夏にぴったりの楽曲が詰まった1枚に。いったいジュノはどこまで走り続けるのだろう。
「『DSMN』は、今の自分にいちばんしっくりくる、自分自身を投影した曲じゃないかなと。繰り返される日常から抜け出したいという気持ちは、誰にでもあると思うんですが、現実はなかなか思うようにいかないですよね。でもこの曲が鳴っている3分間は、自分自身を解放して、自由になれる。誰も僕を止められない。そんな曲にしたかったんです。僕にとってはステージの上で歌っているときがいちばん、解放できるときでもあります。もし自分に潜在的な能力がもっとあるなら、それを解き放ちたい。歌を歌ううちに、ある境地に達することを、韓国では“得音”というんですが、そんな解放感を得てみたいんですよね」
JUNHOジュノ
1990年1月25日生まれ。2PMやソロの楽曲を多数手がける。7/8のZepp Nambaを皮切りに全国5都市12公演のソロツアー“HYPER”がスタート。
4th Mini Album『DSMN』
1st Single4th Mini Album『DSMN』
7月20日、エピックレコードジャパンからリリース。
全て自身作曲・プロデュース。完全生産限定盤(CD)LPサイズ盤3472円、初回生産限定盤A(CD+DVD)3056円、初回生産限定盤B(CD)2500円、通常盤(CD)1852円。


※この記事は、Hanako1113号掲載「大人POPカルチャー」の抜粋です。インタビューの続きは本誌にて!
photo: Emiko Tennichi styling: Kei Shibata(CLAKEN) text: Kaori Tanabe