マガジンワールド


第69回 ローゼン美沙子

私たちのお弁当。

全国の「おべんとさん」にもっと密着、 お弁当まわりのあれやこれやを根ほり葉ほり尋ねてみます。ナルホドがいっぱい。

 

bento68-2第69回
試行錯誤を繰り返した
マイベストそうめん弁当。

 

 

自宅から自転車で5分のギャラリーに夫と2人分のお弁当をこしらえて通っています。夏になると、毎日そうめん。以前、お弁当箱に保冷剤をあてたら、ごはんがどうにもマズくなって、冷やしてもおいしいお弁当を、とはじめました。

冷やし中華やうどんも試してみたんです。でも、時間がたつとだまになってうまくほぐれないし、小さなお弁当箱の中だとかき混ぜにくい。その点、そうめんはつゆをかければすっとほぐれるし、のどごしがいいので、お客さんが途切れた時に早く食べたい私たちにぴったりです。


ローゼン美沙子(37歳・ギャラリーオーナー)

東京・大塚にてアートギャラリー『MISAKO&ROSEN』を運営。夫のジェフリーさんとお揃いのカップは、アーティストからのプレゼント。


お弁当用には「揖保の糸」の“赤帯”と決めている。歯ざわりがよく、かたまってもほぐれやすい。
お弁当用には「揖保の糸」の“赤帯”と決めている。歯ざわりがよく、かたまってもほぐれやすい。


※続きは[クウネル]69号のP78~79でお楽しみいただけます。

お弁当、募集中! 投稿はこちらから

応募していただくには、リーダーズクラブにログインしてください。

※会員ではない方はこちらより登録してください。