マガジンワールド


第76回 北林大介

bento-title1

全国の「おべんとさん」にもっと密着、 お弁当まわりのあれやこれやを根ほり葉ほり尋ねてみます。ナルホドがいっぱい。

 

第76回
練り物をおかずに彩りアップ。
炊き込みごはんが好相性。

 

 

毎朝、妻と2人分の弁当を作っています。1年前に小さな均整院を始めて、昼間は会社勤め、夜と週末は施術。帰宅の早い妻が買い物と夕食を、僕が弁当作りを担当しています。
じつは献立を考えるのが苦手で、献立は妻、調理は僕、という分業スタイルなんです。妻いわく「放っておくと好きなものばかり作る」とのことですが、大好きなだし巻きは毎日欠かさず入れてしまいます。多めのだしでいかにうまく巻けるかに挑戦するのが毎朝楽しくて、砂糖で甘みをつけるのが好みです。
あと、弁当には即席みそ汁が必須。これがないとごはんが喉を通りません。


北林大介(整体師)

東京・荻窪にて均整院『Folk Remedy Ogikubo』を開業。体型を12種類に分類し、体を調整する施術を行う。趣味はギターを弾くこと。

盛り付けの参考に渡辺俊美さんのお弁当本を活用。卵のおかずを入念にチェック。
盛り付けの参考に渡辺俊美さんのお弁当本を活用。卵のおかずを入念にチェック。


※続きは[クウネル]73号のP84~85でお楽しみいただけます。

お弁当、募集中! 投稿はこちらから

応募していただくには、リーダーズクラブにログインしてください。

※会員ではない方はこちらより登録してください。