マガジンワールド

ごあいさつ 2015年9月18日 From Editors

 

ごあいさつ
2015年9月18日 From Editors

しとしと秋雨の降るなか、
クウネル最新号の発売日がやってきました。

表紙は、亜麻色の髪に花冠を載せたちょっぴり物憂げな少女たち。
バルト3国のひとつ、リトアニアに暮らす姉妹、
ウーラとウグネです。

最初の特集は「すべては森のなかにある」。
広く深い森が国土の3分の1を覆うリトアニア。
どこまでも続く森が育んだその暮らしを訪ね、
首都ヴィリニュスから南部のズキア地方へと旅にでかけました。
年に一度の夏至祭を昔ながらのスタイルで行う人々、
ソウルフードであるツェペリナイ(いもだんご)や
ギラ(黒パンを発酵させた飲みもの)のこと、
この国のキリスト像はかつて、ほおづえをつき首をかしげ、
じっと考え込む姿をしていたこと……。
思慮深く、祈りのなかで生きる人々の7つのお話、
続きは本誌にてお楽しみください。

続いては、おしゃれについて。秋ですからね。
岡本敬子さん、椎名直子さん、川内倫子さん、林恵子さんの
4名の方にうかがったのは、いうなれば「おしゃれの履歴書」。
子ども時代から現在に至るまでのスナップ写真を拝見しながら、
今のスタイルを獲得するまでのストーリーをうかがいました。
出会った人、暮らす場所、読んだ本、仕事の内容など、
その転機は人それぞれ。
おしゃれは生き方そのものを写す鏡であり、
自分自身から湧き出るものなのだと感じました。

おいしいもののお話もありますよ。
京都・下鴨にある洋食店『のらくろ』のフライが
たいそうおいしいと聞いて、その訳を探りに出かけました。
その秘密は、つんとツノの立った衣にあるようで……。
読めば思わずノドが鳴ること請け合いです。
ああ、今夜はうちもフライにしようかしら。詳しくは本誌にて。

そのほか、
太陽光によるソーラークッキングを楽しむ83歳のヤス子さんのお話から、
少女たちの考える「おしゃれ」についてのインタビューまで、
さまざまな世代の、さまざまな思いを抱いた人々の、
きらりと輝く表情と生き方をお届けできたらと思っております。

そしてそして、
前回もお知らせいたしましたが、クウネルの本が2冊、同日発売となります。
高橋みどりさんの『まだまだあります 伝言レシピ』は、
今晩のおかずに、お酒のつまみ作りに役立つ、
簡単でおいしいメニューが勢揃い。
ほしよりこさんの『B&D』は、まとめて読むと、
連載時とはまた違った味わいがあります。
主人公チィチィの言葉数も少しずつ増えていったりしていて。
書きおろしの新作と、
うれしいおまけ(チィチィのシール)もついていますよ。
ぜひご一読ください。

最後に、いつもご愛読いただいている
友の会のみなさまにお知らせです。
読者のみなさまのお葉書やメール、
あたたかい声や厳しいご意見に支えられて、
こつこつと続けてきたクウネルは今年で13年目をむかえました。
次号(11月20日発売)のクウネルは、
クウネルくんともども、ちょっとひと休みさせていただきます。
2016年の3月号(1月20日発売)には戻ってくる予定です。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

しばし、おさらばです。
また会う日まで。

2015年9月18日

戸田 史

クウネル No. 76

装いの花束

700円 — 2015.09.18/品切
試し読み購入定期購読 (10%OFF)
クウネル No. 76 —『装いの花束』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承ください。