マガジンワールド


ごあいさつ 2013年10月20日 From Editors

 

オペラや歌舞伎のような古典の作品は、
演じるひとや演出家、指揮者などによって、
同じストーリーなのに今まで気づかなかった意味や、
こんなキャラクターだったのかと、いろいろと発見するものです。
そこが楽しい。面白い。
今年になって見た、歌舞伎の助六で、揚巻という花魁が、
今までは美人で上品で賢いひと、という印象でしたが、
この舞台で初めて男勝りで、やんちゃな助六を守るためなら、
なんでもするタイプに見えたのです。ちょっと身近な感じで。
あまり美人の女形じゃなかった(?)から、
こんな印象になったのかもですが。
クウネルは創刊して11年目に入りました。
古典作品の足元にも及ばない年数ですが。
今月から新しい編集者がふたり代わりました。私もそのひとり。
ちょっと今までと違う匂いや雰囲気を感じて、
読者の皆さまに面白い、楽しいと思っていただけたらと、願っています。
お待たせしました!
川上弘美さんの人気連載をまとめた、
最新刊短篇集「猫を拾いに」が、
10月31日に刊行されます。
いろんな色の恋愛小説が21篇。
個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、
楽しくてちょっと苦い傑作ばかり。
贅沢で楽しい短篇小説集です。
お楽しみに!

2013年10月20日

二階堂千鶴子