マガジンワールド


第61回 マドロス陽一の写真便り その11 写真を展示して考えること


madros-parts
僕はカメラマンのマドロス陽一こと長野陽一と申します。この度、5冊目の新刊『長野陽一の美味しいポートレイト』(HeHe) という料理の写真集を出版します。その中にはku:nelで撮り続けてきた料理写真もたくさん掲載されています。それらは美味しさだけではなく、料理を通して取材対象者の暮らしやストーリーを伝える写真たちです。島々のポートレイトを撮るように料理も撮り続けてきました。そして料理写真はポートレイトだと考えました。それを“美味しいポートレイト”と名付けます。ここでは旅した島で見たこと感じたことや、写真の話をしたいと思っています。

http://yoichinagano.com/

 

第61回
マドロス陽一の写真便りその11
写真を展示して考えること

料理写真展『大根は4センチくらいの厚さの輪切りにし、』は9月閉幕後も小規模ではありますがタイトルと内容を変え、新刊発売記念のフェアとして都内のいくつかの書店での展示が続いています。
ホワイトキューブのギャラリーでなくても写真を飾って誰かに観てもらうことは特別なことなので、作品の内容をよりよく伝えるために場所の持つ雰囲気を大切にした展示を心掛けています。

きょうのロケが終わり、岩手県一ノ関市にあるジャズ喫茶『ベイシー』(本誌48号「父の音楽、母のシチュー、娘はいつも笑顔。」掲載)でコーヒーを飲みながら大きなスピーカーから流れるトリオの演奏を聴いていました。

ピアノのやわらかさと目の前にいるかのような音圧に全身の力が緩み、視線は自然と赤煉瓦の壁にかけられた額入りの絵や写真へと移ります。空間と一体化したそれらにオーナーの趣味と思想を垣間みつつも、これと言った主張もせずにその場所に自然と在る作品たち。こんなふうに写真が展示できたらよいななどと考えながらも、無意識のうちに音楽に身を委ね、完全にリラックスしていました。そして大切なことだけが心に残り、すっきりした気分で『ベイシー』を後にしました。

これまで行った写真展で自分の撮った写真が誰かの心に残ったり、観た後にすっきりしたかどうかはさておき、今回の料理写真では観ているお客さんのお腹がなる音が静かなギャラリーに響く音を聴いて、なんとも嬉しかったのです。

madros61_1
madros61_2


平成26年10月20日
マドロス陽一
 

10月29日まで吉祥寺の古本屋『百年』で『長野陽一の美味しいポートレイト』の企画展示を行っています。古本といっしょに35点ほどの小さな写真を飾っています。27日には料理家の高山なおみさんとトークショーもあります(定員に達しました)。
12月6日には六本木『IMA CONCEPT STORE』にて伊藤まさこさんとのトークショーも開催します。お時間のある方は是非よろしくお願いします。詳細はHPへ。