マガジンワールド


第45回 はだかんぼう祭り。


ペリカン戸田の遠い夜明け

ペリカン戸田の遠い夜明け sun
クウネル編集部の戸田史です。「いちおう最年少ですが、三十路半ばです」と自己紹介し続けて幾歳月。三十路半ばずいぶん前に卒業したけれど、最年少編集部員からはなかなか卒業できません。ここでは、編集部で(主に)夜な夜な起こる、ヘンな出来事やちょっといい話などをご紹介していきたいと思います。
 

第45回
はだかんぼう祭り。

ぽっかーん。今宵のペリカン、口をあんぐり開けて道ばたに立ちつくしています。目の前をゆくのは、自転車に乗った大勢の人々。口笛をふき、歓声をあげながら、びゅんびゅんと走り過ぎていく彼らのほとんどが、裸、もしくは、パンツ一丁のほぼ裸だったのです。

ここはアメリカの北西部にあるポートランド。車社会のこの国にはめずらしく、自転車レーンや専用道が整備された自転車天国として知られる町です。ペリカンが訪ねたのは6月はじめ。初夏を迎えたポートランドではさまざまな自転車イベントが開かれる、とは聞いていたのですが……。

夏のポートランドの日の入りは遅く、夜9時を過ぎてようやく空が夕焼けに染まります。取材を終え、ホテルのそばにあるホールフーズというスーパーマーケットに晩ごはんのお惣菜を買い出しに行ったのは10時前のことでした。ビーツとレンズ豆のサラダやファラフェルを買い込んで、さあ部屋に帰ろうと店の外にでると、近くのストリートが何やら騒がしい。フォトグラファーのNさんと連れ立って声のするほうに駆けていき、冒頭のようなシーンに遭遇したのです。

ネイキッド・バイク・ライドという、はだかんぼうで自転車に乗って、ひと晩中市内を走りまわるこのイベント。言葉だけ聞くと、なんだかイヤラシイワなんて思ってしまいそうですが、さにあらず。およそ5千人がいっせいに駆け抜けていく姿は圧巻で、最初こそ「どーなってるの?」と口あんぐりでしたが、しばらく眺めていると爽快な気分になってきます。大人も子供も、男も女も、太った人も痩せた人も、ハンディキャップのある人も、ボディペイントで派手に装飾した人も、きっぱり裸一貫の人も、みんな本当に楽しげで清々しい。「人ってさ、いろんな体してていいんだよね。なんかうれしいよね」というNさんの言葉に深くうなずいたペリカンでした。このイベント、オレゴン州も「ポートランドの伝統」と認めているんだそうです。