マガジンワールド


第17回 思い出に残るかな。


てんてこまい記

てんてこまい記
 
クウネル編集部の若年寄りこと永田です。育児休暇を経て、二児の母となって戻ってまいりました。仕事と子育てにますます追われる日々をつらつらと書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

第17回
思い出に残るかな。

最新号の特集は、「詩とサンドイッチ」です。おいしいサンドイッチのレシピ、知りませんか? みんなにそう聞いて回っていたら、思い出話がたくさん帰ってきました。週末の朝はお母さんがパンを一斤買ってきて作るサンドイッチが定番だった、留学先のパリで、バゲットに板チョコ一枚だけはさんで食べていた……。いいですねえ、サンドイッチってなにか特別な記憶と結びつきやすいメニューなのかもしれません。

何人かがあげてくれたのが、ロールサンドの思い出。サンドイッチ用の薄い食パンで具をくるりと巻くザ・昭和なスタイル、最近はあまり見かけませんね。あれはどこの国の発祥なのでしょう?
のり巻き風なところは日本的だと思うのですが。

はさむ具は海苔とチーズ、イチゴジャム、マーガリンにグラニュー糖など、人それぞれだったのですが、こりゃあ誰でもノックアウト、なレシピがございました。それは、イチゴ&コンデンスミルク。ちょうど季節ですから、さっそく真似してみましたよ。小さめに切ったイチゴを薄くマヨネーズを塗ったパンのはじっこにのせて、上からコンデンスミルクをたらり。ラップごと巻いて、しばし冷蔵庫で寝かせます。ひんやり冷たくなったパンを食べれれば、甘酸っぱさがたまりません。

子どもの食いつきっぷりが半端ないこのレシピ、イチゴの旬が終わったらどうしよう、という感じです。でも、わが家の味として子どもの思い出になっていくのかな……と思うと、ちょっと楽しみで、とりあえずせっせと作るぞ、と安くなってきたイチゴを買い込む母さんなのでした。