マガジンワールド


第25回 ただいま、トラック観察中


てんてこまい記

てんてこまい記
 
クウネル編集部の若年寄りこと永田です。育児休暇を経て、二児の母となって戻ってまいりました。仕事と子育てにますます追われる日々をつらつらと書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

第25回
ただいま、トラック観察中

最新号の心が動くカタログ、読んでいただけましたでしょうか?
企画のなかで、堀井和子さんの取材を担当しました。

堀井さんの心が動くものは、散歩の途中にあると聞き、連れて行ってもらうことにしました。
朝、まだ人通りの少ない外苑前をスタート。
このあたりは、仕事でもしばしば歩くエリアです。
なのに知らない道があったり(外苑西通りを渡る原宿陸橋は眺めがよくておすすめ)、植え込みから蕗が生えていたり、見るものみな、知らないことばかりです。

とくにこだわって探したのが、錆びたトラックです。
運転席の背面のところやコンテナが傷ついて、自然に錆びている様子にぐっとくるのだそうです。
明治通りを走るのはお手入れされたぴかぴかのトラックばかりで、交差点で張っていてもなかなか出合えません。

堀井さん曰く「鼻先を見ればわかるんです」。
たしかに、赤信号で停まった車を見て、フロント部分でなんとなく後ろが想像できるようになってきます。
しかし、来ない。
諦めようとしたとき、まさにいい味出してる錆(びた車)が目の前で停車! 
青信号になると同時に、堀井さん、走ってトラックを追いかけます(慌てて私とカメラマンも追いかけます)。

そうしたらなんとちょうど目の前の工事現場に入るところだったらしく、バックして入るところをじっくり拝むことができたのです。
コンテナのシルバーの横腹にところどころ赤い錆がのぞいています。
なるほどなあ、無骨で、なんだかかっこいい。
そう思いながら隣を見ると、お目当てを見つけてイキイキとした表情の堀井さん。
先輩なのに僭越ながら、かわいらしいなあ、と思ってしまいました。