マガジンワールド


From Editors 2 No. 805 東京、10年目にして再上京気分。

From Editors 2

東京、10年目にして再上京気分。
東京に来てはや10年。大学入学と同時にやってきたこの街は、田舎出身の僕にとっては本当に騒がしくて、仰々しくて、ちょっとクサくて、あまりいい印象のない街でした。

それが大学生活、都会暮らしを経て、アレを買うならココ。コレを買うならココ。▲△食べるならココとココ。と選択肢も増えてきて、社会人になってオトナに見せてもらう東京の顔にあらたな発見をしつつも、東京はもう自分の街。目を瞑っていたって歩ける街ともうそれは自分を信じて疑うことはありませんでした。

しかし! この東京特集。そんな自分の知っている東京がほとんど載っていません。企画会議の時からずっと思っていました。「僕は東京の何をみてきたんだろう、何を経験してきたんだろう」と。

取材に行くのはもうほぼ初めての場所ばかり。あらためて東京って何でもあって、なんでも揃っていて、いろんな人がいて、圧倒されました。

東京というダイバーシティー感、非ローカルなミキシングカルチャー感を存分に味わえる東京の辞典がついについに出来上がりました。

上京したての人ももちろんですが、何より手に取って欲しいのは、東京なんて知っているよと思っている方々です。きっと、この東京特集があなたの期待を裏切ってくれます(とても前向きに)。

渡部 忠(本誌担当編集)


po805-fe2-01
po805-fe2-02
po805-fe2-03


▲ この写真は、昔、バルセロナで行った元「エルブリ」シェフの店。日本にも日本人がオープンさせました。東京にできていたのは知らなかった。本誌を見て下さいね。