マガジンワールド


From Editors 2 No. 808 シティボーイは、Tバックとぬかどこをてにいれた!

From Editors 2

シティボーイは、Tバックとぬかどこをてにいれた!

古い話で恐縮なんですが、小学生のときにドラゴンクエストシリーズの洗礼を受けた身としては、冒険といえば、RPGなんです。「ぼうけんのしょ」、懐かしいですね。

当時は、自転車でちょっと遠出をしてみたりとか、友達と秘密基地を作ってみたりとか、放課後は冒険だらけでした。子どもの視点で見ると、日常のそこかしこに”未開の地”があった。

あれから20数年。(←綾小路きみまろ風に)

ここトーキョーシティにも”未開の地”はたくさんあるはずですが、あの頃のように冒険には繰り出せていない。それどころか放っておくと、いつもと同じことをしてしまう。「よし開拓してみよう」より「やっぱここ落ち着くわぁ…」が、勝利しがちな日々なわけです。

それではいけない! せめて、攻めた買い物をしなくては! と、狩りに出たときの成果ブツがこの2点。

まずはTバック。といっても、攻めてる下着ではなく、素敵なTバックを履いた女性がプリントされたショーツです。オーセンティックではないVANS、いいでしょう?

もう1つは、コンパクトサイズの、ぬか床キット。ここに野菜を入れるだけで、ぬか漬けができるなんて…漬け物が好きでよかった! とはいえ、慢心はしません。いろんなものをぶっ込んで、ぬか漬けの向こう側にチャレンジする所存です。

米山正樹(本誌担当編集)


ルイーダの酒場…ではなく、クローゼットでその出番を待ち続けているVANSのショーツ。ナイスなヒップばかりだぜ!
ルイーダの酒場…ではなく、クローゼットでその出番を待ち続けているVANSのショーツ。ナイスなヒップばかりだぜ!
野菜を新しい姿に変えてくれる、冷蔵庫の中のダーマの神殿…ではなくぬか床。学芸大学のFOOD & COMPANYにて。
野菜を新しい姿に変えてくれる、冷蔵庫の中のダーマの神殿…ではなくぬか床。学芸大学のFOOD & COMPANYにて。