マガジンワールド


From Editors 1 No. 812 遊歩大全に出会ってよかった。

From Editors 1

遊歩大全に出会ってよかった。
断然、山は走る派でなんならランニングシューズで出かけてトレイルランシューズもロクに履かないで山に出かけていました。好きなコースは高尾—陣馬間のトレイル。陣馬側からスタートすれば下る一方のコース設定で本当に快適。

思い出すのは昨年の12月軽い気持ちで高尾から陣馬に向かって走っていくと徐々に冷え込み、なんと陣馬山頂は雪。しかも吹雪。しかもスニーカー。結構マズかったのを覚えています。

そんな思い出を胸に今回このアウトドアの特集に取り組んだところ、ちょっと感動してしまいました。何にって登山靴に。

正直登山靴なんてどれも似たり寄ったりだと思っていたし、正直言ってダサいと思っていたんです。けれど、クラシックな、革の登山靴のはき込まれた姿というのはなんだか艶っぽくて、柔軟そうなシワがどこか男らしくて、ヒモのクタり具合がどこかいい大人が着込んだようなスーツのような風合いでかっこいいんです。

今回、山を愛してやまない7人にその愛用品をお借りして撮影しました。その味たるや、紙を通しても伝わることは保証します。

渡部忠(本誌担当編集)
 
テンベアの早崎さんの登山靴。分類的にはクラシックではないもののそれでもこの味! かっこよすぎる!
テンベアの早崎さんの登山靴。分類的にはクラシックではないもののそれでもこの味! かっこよすぎる!