マガジンワールド


From Editors 1 No. 819 旅行もさぬきうどんも “小”がちょうどいい。

From Editors 1

旅行もさぬきうどんも
“小”がちょうどいい。
いつか行きたいと思ってはいるけれど、なんとなく先延ばしになっている。そんな旅先、ありません? 行きましょうよ、この夏は。えっ、休みがとれない? そこで、”小”ですよ”小”。一週間は無理でも一日なら休める。日常への復帰も楽だし、この時期なら荷物も少なくて済む。もう、いいところばかりじゃん!

ということで、国内を中心にした二泊三日の旅の提案です。旅の目的はスモールかつハッキリしてたほうがいい。短いから。それに、行っちゃえば、なんだかんだやりたいことは増えていくもの。観光地にはそれなりの見どころがあるし、何が引っかかるかはわからない。動機も旅先も自由でいいし、「何かしら話のネタになればいいや」くらいの気持ちで行くのがちょうどいいと思います。

僕自身も取材で香川に行ってきました。個人的に、彼の地のうどん店を巡るため、毎年行っているのですが、なぜか飽きない。一年に一度の楽しみがあるって、いいもんです。そして、そういう場所が半日もあれば行ける距離にあるって感覚も悪くない。第二の実家みたいなね。

そういえば、さぬきうどんも”小”(約1玉)がちょうどいい。もうちょっと食べたいなと思うところで終わる。旅行も「あっと言う間だったけど、楽しかったなぁ」くらいのほうが、後を引くんですよね。短いから夏の間に何度も行けるのも、小旅行の良いところです。

米山正樹(本誌担当編集)
 

これが小。おかわりしたい気持ちを抑えて、次の店へと向かうのがうどんツアーの“小さな”ルール。
これが小。おかわりしたい気持ちを抑えて、次の店へと向かうのがうどんツアーの“小さな”ルール。