マガジンワールド


From Editors 2 No. 832 冒険の合間に弁当を食べる旅じゃなくて、弁当を目指して冒険する旅を。

From Editors 2

冒険の合間に弁当を食べる旅じゃなくて、
弁当を目指して冒険する旅を。
CDやレコードと同じように、旅の弁当もジャケ買いする。
これもある意味、冒険ですよね。
僕たちも日本の弁当をいろいろ調べて試しました。

たとえば、JR松坂駅『駅弁のあら竹』の「モー太郎弁当」。
ジャケはビジュアルショックな牛の顔面。
開けるとフタから童謡「ふるさと」がピーピー♪、と鳴ってまたショック!

これに負けじと現れたのは、JR鳥取駅『アベ鳥取堂』の「山陰鳥取 かにめし」。
ジャケはカニの全身。
開けると全面、カニの身。胸ワクワクのカニがギッシリ!

世の中には面白い弁当が多くて、アドベンチャーは尽きません。
そしてさらに、摩訶不思議なことが起きました。
モー太郎とまったく同じ牛の顔のジャケ弁が、JR米沢駅にあったのです。
同じ顔して、こちらは『松川弁当店』の「牛角煮弁当」。
開けるとフタから民謡「花笠音頭」がピーピー♪。曲は違うのか。

この2つの牛の弁当はサンプリングの間柄ではなく、そこには牛肉を巡るとても素敵な秘話がありました。詳しくは本誌でぜひ。
旅の道中で食べる弁当もいいけれど、気になる弁当を目指す旅、そしてその出合いから広がる旅も、またいいものです。

榎本健太(本誌担当編集)
 


これが山形県米沢の「牛角煮弁当」。顔、です。眼がウルウルしてます。
これが山形県米沢の「牛角煮弁当」。顔、です。眼がキラキラしてます。
米沢から、山形を北上する旅が始まりました。「瓜割石庭公園」の絶壁、ドラクエ感・満点! キャンプもできます。
「牛角煮弁当」を求めて米沢駅に降りたことで、山形を北上する旅が始まりました。「瓜割石庭公園」の絶壁、ドラクエ感・満点! キャンプもできます。
東京ではビーフ好きのMC漢 vs カニのリリックで日本一を挟んだ(いや掴んだ)崇勲による、モー太郎 vs かにめしのフリースタイル・バトルが勃発!? 詳しくは本誌で。
東京ではビーフ好きのMC漢と、カニのリリックで日本一を挟んだ(いや掴んだ)崇勲による、モー太郎 vs かにめしのフリースタイル・バトルが勃発!? 詳しくは本誌で。