マガジンワールド

二十歳のときはとにかくフルスイング! ホームランもあれば、振り逃げだってある。 From Editors 1 No. 839

From Editors 1

二十歳のときはとにかくフルスイング!
ホームランもあれば、振り逃げだってある。
そのとき、“二十歳の自分”に出会った気がしました。

今回の特集では33人の著名人が登場。できうるかぎり、その方の二十歳や20代にゆかりのある場所でインタビューさせてもらっています。ライムスターの宇多丸さんは青春の学び舎・早稲田大学周辺にて。私事で恐縮ですが、自分にとっても久しぶりの母校訪問。宇多丸さんと一緒にしばし校内を散策して、すっかり近代化された学館(校舎)に、卒業からの月日の長さにあらためて思い至った次第。正門前にて「ここに新歓のブースを出して、それを見て、うちのサークルに入ったのがMummy-D」と宇多丸さんが噛みしめるように話した瞬間、「ああ、自分にもここで過ごした二十歳のときが確実にあったな」と予想外に胸に込み上げるものがありました。

という個人的な感慨もありつつ、33人それぞれの“二十歳のとき”に深く頷いたり、驚いたり、大笑いしたり、考えさせられたり。“二十歳のとき”に正解はないし、何か手応えを得ることのみが“豊潤な20代”とはかぎらない。二十歳で蒔いた種が、花開くのは30代、いやそれより先ってことだってある。それでも、いや、だからこそ二十歳のときは特別なのだと思います。

朝井リョウさんが「恋のダンスサイト」の歌詞を引用しながら「踊るときは別に格好良くなくていいんですよ。ちょっと変でダサいくらいでいいんです」と話していたけど、まさにそれ! 二十歳のときはフォームうんぬんではなく、とにかく自分なりにフルスイングしてみる。そうしたら、思わぬホームランを打てるかもしれないし、振り逃げで出塁なんてラッキーがあるかもしれない。なんて、我が20代を振り返ると偉そうなことは言えないですが、今回だけは許してくださいませ。

山口 淳(本誌担当編集)
 
po839-fe2-01
今回の特集のきっかけとなった立花隆さんが東大のゼミ生と一緒に作った『二十歳のころ』とその続編の『二十歳の君へ』。こちらは立花さんの取材時に、氏の机の上で撮影したもの。今号の『ポパイ』と合わせて読んでほしい本だ。


ポパイ No. 839

二十歳のとき、何をしていたか?

780円 — 2017.02.10
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 839 —『二十歳のとき、何をしていたか?』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。