マガジンワールド

東京で、一食たりとも無駄にしないためには。 From Editors 2 No. 841

From Editors 2

東京で、一食たりとも無駄にしないためには。
ポパイ恒例の東京特集における、そのまた恒例「EAT-UP GUIDE」(つまり、メシのページ)。
今回も20p作りました。
友達を案内するのはもちろん、自分の普段使いにも役立つはずです。

「朝食・昼食・3時のおやつ・夕食・寝る前・丑三つ時・寝起き・歯磨き後 いつ何時でもペロリ」

と歌ったのはラッパーの崇勲さんですが、今回の「EAT-UP GUIDE」は「朝・昼・夜」がテーマ。
つまり、「いつ何時でもペロリ」、そして「いつ何時のメシも無駄にしない」つもりで、1日3食&シメもおやつも、カバーしました。
改めて読みなおすと、朝4時から翌5時まで、行ける店を掲載しています。
これを持っておけば1日どころか25時間、メシに困らない!

なんてちょっと大げさですが、たとえば「通し営業」の店、つまり昼から夜まで休憩なし・遅めのランチもバッチリ安心な8軒をまとめていたり、これまでのEAT-UPにはなかった「居酒屋」というカテゴリーを設けてみたり。
この20pには何かと不規則な僕たち編集者・ライターのエゴも入ってますが、読者のみなさんも自分勝手にバシバシ使ってもらえると嬉しいです。

榎本謙太(本誌担当編集)


 
po841-fe2-02
憧れの『山の上ホテル』のダイニングで、のんびり朝食を。文豪も愛した和食の御膳。
po841-fe2-01
昼食はニューウェーブが巻き起こっているカレー&焼きそばも掲載してますが、銀座の小さな路地でおいしい天丼もいい。名店『かすが』です。
po841-fe2-03
夜の渋谷にいい感じの居酒屋なんて……、と諦めず、『まるこ』へ行こう。短冊メニューだらけの店内は壮観、そして魚が旨い!


ポパイ No. 841

もし東京に友達が来たら、君はどこに案内するか?

780円 — 2017.04.10
試し読み購入定期購読 (8%OFF)
ポパイ No. 841 —『もし東京に友達が来たら、君はどこに案内するか?』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。