マガジンワールド

From Editors No. 27 フロム エディターズ 1

From Editors 1

整え方は、人それぞれ。
年明け最初の特集は、「整える」。数年前から“断捨離”や“片付け”がブームとなりました。でも、すっきり無駄がなく整えられていることだけが心地いいわけでもないよなぁ、という思いもあるわけで。今回、ご登場いただいた16人のみなさんの部屋を見てもわかるとおり、気持ちのいい部屋には意外とものが多かったりもします。要はその人なりの、その部屋なりの、ルールや秩序があることが大事なんだと。そういった意味でも、巻頭で紹介した石黒智子さんのお宅は、とにかくワンダーランドでした。

自宅を建てる際に探し求めたという、旧式の壁掛けタイプの黒電話は、もちろん今も現役です。料理で使い終わったハーブ類は、乾燥させてからまとめて、ゴミ箱の消臭剤にリサイクルします。機能的でもなく、時短でもないけれど、好きなものを選んで丁寧に暮らすことこそが、石黒家にとって「心地よく整えられている」ことなのでしょう。今回もまた、Better Lifeを取材して我が身を振り返り、小さく落ち込むの巻。……いやいや、新しい年を迎えて気持ちも新たに、今号がみなさん(と自分)の丁寧な暮らしの参考やきっかけになれば幸いです。

岩下祐子(本誌編集部)
 
pre27-fe1-01
pre27-fe1-02


pre27-fe1-03
pre27-fe1-04


ミルキーな色のプッシュホン全盛時代、当時のNTTに頼んで探しに探してもらった壁掛けの黒電話。料理に使ったローリエの葉やローズマリーの枝は、乾燥させてから糸でまとめて、ゴミ箱の消臭剤に。見た目もおしゃれです。個人的な「心を整える」もの、それは季節を問わずの火の景色と、傍でくつろぐ愛犬の姿。
ミルキーな色のプッシュホン全盛時代、当時のNTTに頼んで探しに探してもらった壁掛けの黒電話。料理に使ったローリエの葉やローズマリーの枝は、乾燥させてから糸でまとめて、ゴミ箱の消臭剤に。見た目もおしゃれです。個人的な「心を整える」もの、それは季節を問わずの火の景色と、傍でくつろぐ愛犬の姿。
アンド プレミアム No. 27

整える。

780円 — 2016.01.20
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンド プレミアム No. 27 —『整える。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。