マガジンワールド

OPEN the DOOR Airbnb Special Site

AirbnbホストのLifestyle-04SANAE & YUMA - TOKYO 前編

提供:Airbnb

共同ホスティングは、母娘の絆も深めました。前編

美大出身のYUMAさんは、ゲストが希望すれば、似顔絵を描いてプレゼント。

世界中から訪れる旅行者とのコミュニケーションを通して、さまざまなことを体験できるのがAirbnbのホストの醍醐味。自分の個性や持ち味を生かしたおもてなしが、新しい経験の扉を開きます。 ホストのみなさんにおもてなし術をうかがいました。

英語で日常会話ができるようになりました。

ホストに登録した動機は?
「母娘2人でイタリア3都市を旅したとき、Airbnbを利用したら、それがすごく楽しくて。日本からだと高額なスカラ座のチケットをホストに取ってもらったり、現地の人と生きたコミュニケーションができたのが印象的でした。だから自分たちもそういうホストになりたい、海外のゲストをもてなしたいと思って登録しました」(サナエ)。「母が“やる!”と決めたので、ほとんどそれに押し切られて(笑)。でも実際に利用した経験があったからこそ、抵抗なく始められました」(ユマ)

ホストの喜びとは?
「世界中の人とコミュニケーションしながら、日本のよさを再発見できること。海外の人から教わることは多いですね」(サナエ)。「留学や海外経験への憧れを日本で実現できたこと。英語は日常会話に困らないくらいまで上達しました」(ユマ)

母娘の二人三脚でおもてなししてます。
近所の神社は、外国人ゲストが喜ぶお散歩スポット。
手作りの朝食でおもてなし。線香花火で、ちょっとしたサプライズを演出。

写真・岡田 潤 取材、文・宮尾仁美

注目コンテンツ

OPEN the DOOR トップページへ

anan本誌に2号に渡って掲載中