マガジンワールド

OPEN the DOOR Airbnb Special Site

Airbnb アンケート調査 3.

提供:Airbnb

だからホストをやめられない!ゲストからもらった「嬉しい言葉」の数々。

空いている部屋や家を活用して手軽にホスト体験ができる「Airbnb」。副収入を得られることはもちろん、ゲストを招き入れることで生まれるコミュニケーションに、ホストの心が揺さぶられる機会は多いようです。

一人でホストをする場合、誰かと共同でホストをする場合、どちらが多いのでしょうか?

251人の「Airbnb」ホストに調査してみると、「一人で」が45%、「家族と」という人が44.2%でほぼ同数。その他、「友人と」6.0%、「ビジネスパートナーと」3.6%、「その他・無回答」0.8%という結果になりました。

一人の場合は自分のペースで、家族と一緒の場合は、全員で協力しながらゲストをサポートできるのがメリットのようです。

ゲストからもらった“一番嬉しい言葉”も聞いてみました。

「まるで自分の家にいるみたいにほっとする」

「帰りたくない! ずっといたい!」

ここに泊まってよかった。自分の国に来たときには、会いたいので教えてくださいね。

○○○(私の名前) is not only Host! She is our family.

3泊の予約を6泊に変更して本当によかった。

フランスに来たら今度は私たち家族のところに泊まりに来てね! ほら(Google Mapを開いて)、場所登録しとくから!

「美味しい」

「ありがとう」

「あなたのおかげで私の日本旅行は素晴らしいものになった。あなたのおかげでさらに日本が好きになった」

想像しただけで涙が出そうな言葉も! 日本にいながら、世界中の人と交流できる「Airbnb」。リアルな“おもてなし”がそこにはありました。

※2016年10月~11月 Airbnb調べ

注目コンテンツ

OPEN the DOOR トップページへ

anan本誌に2号に渡って掲載中