マガジンワールド


Tarzan Editors No. 656 編集長かく語りき

Tarzan From Editors 編集長かく語りき

夏休み中のアウトドアでの痛ましい事故、いくつかありました。
個人的には、神奈川は丹沢のキャンプ場の事故が印象に残りました。
中州でのキャンプで、増水した川からの避難中にクルマごと流され、
子ども2人と母親の計3名が亡くなった、あの悲しい事故です。
何より印象に残ったのは、ココが年に4、5回は訪れるエリアだから。
人混みするキャンプ場なので、利用したコトこそありませんが、
普段からトレーニングで山を走る際は、必ずこの前を通っているほど。
今回の事故の5日前も、私は、このキャンプ場のすぐ下流で、
火照ったカラダのまま清流に飛び込み、クーリングダウンしていました。
今では、重機を入れてきれいに均された巨大なキャンプ場も、その昔、
私がこのエリアに通い出した30年ほど前は、いかにも西丹沢らしい、
氾濫で景色がしょっちゅう変わる、単なる荒れた河原でした。
荒々しい景色は、西丹沢の最大の魅力でもありますが、
裏返せば、荒れると手が付けられないという証拠でもあり……。
そう言えば、13人が亡くなった15年前の8月の水難事故も、
同じ酒匂川水系の、まさに中州で起きましたね。
遭難の模様がテレビで中継されたため、覚えている人も多いのですが、
残念ながら悲劇は繰り返されました。
「中州でテント泊をすべからず」。

●『ターザン』編集長 大田原 透