マガジンワールド


Tarzan Editors No. 661 編集長かく語りき

Tarzan From Editors 編集長かく語りき

筋トレの記録を取りはじめて、早150回。
メモ帳に地道に、マシンの種目と負荷設定、回数を記録してきました。
振り返ると、週に3回の時もあれば、ランやトレッキングに集中して
丸々1ヶ月サボった時もあったり……。
しかし何より、記録し続けるメリットは、客観的に、
あまりトレーニング出来ていない現状を把握できる点ですね(笑)。
仕事がたて混んで、週イチのリズムが続けば、筋肉も現状維持がやっと。
週2、週3と続けば、ウェイトアップの頃合いがそろそろ。
トレランの翌日は、脚の負荷を軽くし、その分、回数を増やしたり……。
時折、手帳を使うローテクさを改善しようと思うのですが、
臨機応変にプログラムを変えられるので、手放せません。
短時間しかない時用の手抜きメニューだって、単にボールペンで「×」するだけ。
手帳の別ページには、月イチの体重、体脂肪、骨格筋量の測定結果や、
週単位のトレーニング頻度も記録しているので、十分なスペックです。
すでに、手帳は2冊目の半分ほど。
焦らず、自分のペースで、自分のカラダを向き合う時間。
これからも大切にしてゆきたいと思う、今日この頃です。

●『ターザン』編集長 大田原 透