マガジンワールド


Tarzan Editors No. 666 最新号より

From Editors 最新号より

ふとんVSランニング の巻

週間の天気予報を覗いてみると、ちらほらと雪マークが登場している今日このごろ。2月上旬になり、今年の冬も寒さのピークを迎えています。

例年ですとこの時期の朝は、寒さで奥歯をガチガチと鳴らしているわけですが、今年は毛布を新調したおかげで、ぬくぬくと快適に過ごせております。この新しい毛布というのが優秀で、肌触りが良く、暖かさも申し分なし。ただ困ったコトも1つありまして、布団の誘惑も3割増になってしまい、日に日に目が覚めてから布団を出るまでの時間が延びていくのでした。

で、そんな自堕落な朝を送っていると、辛くなってくるのが早朝の撮影。特に今号の表紙は都内某所で日の出の写真を撮る! ということで、まだ始発も出ていない時間の集合です。心の中でブツクサ言いながら、いざ現場に着いてみると、そこで冬の朝の印象が一変。朝の寒さは厳しいながらも、肌にピリピリくる感覚が心地よく、早朝の独特な空気の匂いと相まって、なんだか自然と走り出したい気持ちになるのです。

今回の特集タイトルは、「やせRUN!」ですが、こっそりお伝えしますと、実はこの「朝」に走ることが脂肪燃焼の鍵になってきます。もっぱら夜ラン派でしたが、今号を機に僕も早起きとランニングを始めてみる所存です。そうなると、当面の敵はやっぱり毛布ですかね。

こちらはロケハン時の写真。表紙とまったく同じ場所ですが、モデルが僕なので脚の短さが目立ちます。
こちらはロケハン時の写真。表紙とまったく同じ場所ですが、モデルが僕なので脚の短さが目立ちます。
 


●担当:朝走ると夜にお酒が飲めて嬉しい ムラムラ