マガジンワールド


Tarzan Editors No. 670 定例より

From Editors 定例より

11年間お疲れさまです! の巻

ぶわっくしょい! ずびーっ、ふう。こんにちは。皆さんも花粉症、やってますか? 3月のピークは過ぎたものの、自分にとってはまだまだ花粉シーズン。編集部のデスクには洗眼薬を備え付けて、隙あらばカユくなる眼と、毎日のように闘っています。

さて先日のこと。編集部でPCと格闘していると、その日も花粉の魔の手が。今すぐ洗眼薬で眼をすすぎたいわけですが、まずはコンタクトを外さなければなりません。焦って外したコンタクトは手から滑り落ちて、そのまま洗面台の排水溝へと流れ去っていきます。2weekのコンタクトで、彼とは出会ってまだ2日目でした。いやはや、春は出会いと別れの季節ですね。

4月の『ターザン』にも出会いと別れが1つ。今号の670号をもって定例ページ「TRAIL,RUN,RAN,RUN」が終了いたします。前身の企画「Trail-run KING」から足掛け11年。『ターザン』440号から連載がスタートしたトレランのコースガイド・ページは、通算230回目にして大団円を迎えるのです。

あな寂し、これでトレランの連載とはお別れ? と思ったあなた。それも早合点。なんと次号671号から、切り口を変えた新たなトレランページが始まるのです。季節もちょうどトレランシーズン開始の時分。別れには涙、出会いには胸の高鳴りで応えつつ、今週末も山へひとっ走り、行ってきます!

230回分の連載が詰め込まれたファイル。ここ11年の日本のトレランの歴史書でもあります。
230回分の連載が詰め込まれたファイル。ここ11年の日本のトレランの歴史書でもあります。
 
●担当:とりあえず今年は戸隠、黒姫の2レースに申し込んだ ムラムラ