マガジンワールド


Tarzan Editors No. 670 編集部だより

From Editors 編集部だより

ついに来たウェアラブル時代 の巻

映画の『her』に描かれていたユビキタスの世界。耳栓のようなものを入れ、ミントタブレット大のスイッチのボタンを押し、話すと、PCのOSが反応して文字は書いてくれるし、電気はつけてくれるし、会話の相手にもなってくれる。なんだかすごいことをやっているけれど、身近なようにも見てしまう世界。これがまさにウェアラブルの世界なんだと思う。

こんな世界の実現に一歩僕たちを前に進めてくれるウェアラブルデバイスがもう少しで発売される。電池持ちがどうとか、大きいとか、携帯あるからいいやとか、とやかく言う人は多いけれど、これはきっと注目の裏返し。Apple Watchはきっ と僕らの期待をのはるか上を飛び越えて、びっくりするような生活を実現させてくれるかもしれない。

どんなことできるのか? それはAppleだってわからないだろうし、世界中のディべロッパーもわからないだろう。だから『ターザン』が、独占取材して、Apple WatchのあるTarzan的生活、利用法ってのを考えてみた。

まだまだわかっていることは少ないし、想像できることにも限りはあるけれど、スポーツが好きな人には結構楽しそうな機能が満載だ。

触った感じも、存在感に反した付け心地も大きさも、どんなものかリアルに知りたい方、今号の『ターザン』を読んでみて下さい。恐らく、日本ではどこよりも詳しく”Tarzan”的に撮影&取材してますから。

表紙撮影中。なんと路線バス貸し切り!
表紙撮影中。なんと路線バス貸し切り!
 


●担当:ワタベ