マガジンワールド


Tarzan Editors No. 692 最新号より

From Editors 最新号より

ガリ、やせ、細い、薄いといわれた経験のある方へ の巻

細くてヘルシーなカラダ! この文章を読んで、今の僕なら間違いなく赤入れするでしょう。「イチガイには言えない」と。

細いカラダは服を綺麗に着こなすうえでも、人に与える印象でも、悪いことはないですが、実は病気というリスクを考えた時、不健康の代名詞、権現、象徴たる肥満とほぼ変わらない、あるいはそれ以上に高い危険性(全死亡率でいくと約1.8倍!)があることが近年わかってきました。

いや分かるんです。必要ないじゃん「差し迫って」っていう気持ち。でもカラダって、痛みに強いし、怪我は治るし、常々頑張ってくれてると思うんです。

そんなカラダが差し迫っちゃったら、ほぼアウトだとおもいませんか。で、30代に入ると徐々にカラダも頑張れなくなってくるんだと思うんです。メンテナンス無しには。

今回はそんな「今」なんも不自由は感じてませんという細めの人にぜひとも手に取ってもらいたいんです。カラダの危険に気づきにくいからこそ、メンテを怠るとどんな未来が待っているのかを。これは『ターザン』が予想する細めの人の未来ではなく、もうすでに起こっている現実です。

体質的に太りにくいんだよね、筋肉つきにくいんだよねなんて言い訳してる人にもぜひ。普段は痩せろ痩せろという『ターザン』が本気でメリハリのあるスリムなカラダになる方法、提案します。

痩せていても、ポチャでも、病気のリスクは一緒なのだ。
痩せていても、ポチャでも、病気のリスクは一緒なのだ。
 
●担当:デブとガリは男として信用ならんと思っている担当ワタベ