マガジンワールド

本日の前口上。 Tarzan 編集長かく語りき No.721

Tarzan From Editors 編集長かく語りき

本日の前口上。

今日は、ワタシのちょいと野暮天な、趣味のお話。
インテリぶるワケじゃないのですが、えぇ、正直に書きます。
昔から、医学系の専門誌を、単にボーっと眺めるコトが、無類に好きでして……。
仕事柄もあるので、まぁ不思議ではないですが、
でも、お嫌いじゃなく、けっこう、お好き。
この、ボーっとが、実はミソで、難しい話は、コレッポッチも頭に入らない。
胃とか腸とか、手前のカラダも所有しているのに、まぁ難しい。
「よくも、ココまで難しく書きやがるな」は、医者でもないから、当たり前。
しかして、結局、ボーっと眺める、のでありますが……。
でもね、数学の生化学の論文が、全くお手上げなのに比べると、まだ少しは脈がある。

世の中には、糖化なんて不可思議があるらしい……。
ご婦人方は、美容の話で「糖化」って言葉を知っている……。
慢性炎症が、ここ数年の医学界の流行語らしい……。
しかも、酸化と、糖化と、炎症のお三方、実は、大のご昵懇だとか……。
何じゃ、そりゃ?

東京・神保町の某書店の店先で、こんな文字を濫読し、頭クラクラながらも、
悔しくなって、書かれた専門誌を購入するのを、カレコレ20年も繰り返して来ました。
よくも飽きずに……、と思われるのですが、ところがドッコイ、ぎっちょんちょん。
その際の楽しみは、これまた神保町のとあるお店で、天丼をいただくコト……。
「フフフフ、疲れた頭にゃ、天丼が最高の滋味なのさ」と一人合点して来たのです。
だけれど、大好物の天丼には、隠された糖化&酸化の、壮大な罠があったコトに、
遅ればせながら、やっと気づかされました。
大丈夫なのか、ワタシの20年……。

この続きは、本誌「酸化・糖化・炎症」特集の最新号にて、トクとご覧いただきたく。
そろそろ、お後が宜しいようで。

●『ターザン』編集長 大田原 透
ターザン No. 721

酸化 糖化 炎症 やさしく学ぶ、カラダに怖い3つの話。

540円 — 2017.06.22電子版あり
試し読み購入定期購読 (13%OFF)
ターザン No. 721 —『酸化 糖化 炎症 やさしく学ぶ、カラダに怖い3つの話。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。