マガジンワールド

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 1月号 (カーサブルータス編集部 編)

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 1月号

— カーサブルータス編集部 編
  • ページ数:233頁
  • ISBN:4910125410157
  • 発売:2014.12.10
  • ジャンル:ライフ・デザイン誌
『Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 1月号』 — カーサブルータス編集部 編

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

Discover Modern Architecture in Japan

『世界遺産に登録したい!
ニッポンが誇る名作モダニズム建築 全リスト』


2020年の東京オリンピックへ向け、巷では競技場建設やホテル建て替えなど、開発プロジェクトの話が次々を発表されています。そんななか、丹下健三、谷口吉郎といった昭和の巨匠建築家が手がけた名作モダニズム建築が取り壊しの危機に直面しています。

一方、2013年に来日した外国人観光客はついに1000万人を突破。観光客たちが手にするガイドブックには、日本の様々な名所・旧跡に混じり、独自の発展を遂げたモダニズム建築の数々が紹介されています。そう、モダニズム建築もまた海外から評価の高い日本の「お宝」なのです。

意外にも日本人こそが気づいていないニッポンのお宝、モダニズム建築。この美しいニッポン名物をぜひ世界遺産に登録したい!


●トーマス・マイヤーが緊急来日!ニッポンのモダニズム建築を救え!

●ホテルオークラ本館の魅力をじっくり研究してみましょう。

●世界中から続々エールが!「なくならないで、私のオークラ」。

●写真家イワン・バーンが見た東京のモダニズム建築。

●アメリカのモダニズム建築、保存の実情を教えてください。

●ニッポンのモダニズム建築を巡る旅へ。
出雲・松江・米子・寒河江・高松・金沢・津山・常滑・横浜

and more…

●重要文化財に指定したい!ニッポンの今見るべきモダニズム建築ベスト55ガイド

●デザイン・ウィーク in 東京2014レポート!

●『世界のベストレストラン50』の実力は?
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。