マガジンワールド

Tarzan(ターザン) 2021年6月10日号 No.811 [運動は、なぜ脳に効くのか?] (Tarzan編集部 編)

Tarzan(ターザン) 2021年6月10日号 No.811 [運動は、なぜ脳に効くのか?]

— Tarzan編集部 編
  • ページ数:108頁
  • ISBN:4910240320614
  • 発売:2021.05.27
  • ジャンル:アクティブ・ライフスタイル誌
『Tarzan(ターザン) 2021年6月10日号 No.811 [運動は、なぜ脳に効くのか?]』 — Tarzan編集部 編

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

エリートが、鍛えているのには理由があった!
運動と脳やメンタルとの関係を解き明かす一冊。
表紙は、現役引退したばかりの福岡堅樹さん。

鍛えることに対する世の中の意識は、確実に高まってきている。
ボディメイクのために、ダイエットのために……、
トレーニングによって、カラダそのものへの変化を実感したい、
そんな初期動機の人が多いはずだ。
ただ、実際に始めてみると、カラダ以外の効果もあることに気付く。
なんか最近、気持ちよく仕事できているなとか、いいアイディアが出せているなとか。
本当に、カラダ以外の部分にも、そんな効果は表れるものなのか。
カラダを鍛えることで、脳やメンタルも強化され、
私達の生活をより底上げしてくれているのか。
カラダを鍛えている人=仕事のできる人、健康体の人、
そのイメージは正しいのか、科学的な根拠とともに、解き明かしていく一冊。

表紙を飾るのは、ラグビー選手を引退して、医学の道に進む福岡堅樹さん。
「ラグビーと勉学。両方あって、ここまで来れた。」と語るスペシャルインタビュー掲載。
その他にも、空間認知能力をアップさせる新メソッド「アニマル・ムーブメント」や、大きな筋肉を鍛えることで脳を活性化させるジムトレ活用術なども紹介、
運動、トレーニングすることでのメリットが凝縮された一冊だ。