マガジンワールド

【朗報】ダイエット中にもお酒を呑める幸せ。やせるおつまみは実在した!!

【朗報】ダイエット中にもお酒を呑める幸せ。やせるおつまみは実在した!!

 
『柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ』著者 柳澤英子さんインタビュー

使う食材はシンプルでありながら、本格的な美味しさ。見た目の満足度も高く、なんといっても「やせられる!」と評判の、料理研究家・柳澤英子さんのレシピ。52歳のときに26キロの減量に成功した柳澤さんは、噂によればダイエット期間中にも毎日欠かさず晩酌していたとか……。果たして、そんなことがあり得るんでしょうか。「やせたい」と「呑みたい」の欲を両立させるなんて、そんな都合のいいことがあるわけがない!

今回、満を持して「おつまみ」についてのレシピ本を出版された柳澤さん。
4月の入社以来、毎日コンビニのおつまみで晩酌してしまい、順調に体重が増えている新社会人の僕は思いました。「これは柳澤さんに、やせるおつまみについて聞くしかない……」と。
取材を申し込むと、「ぜひ食材を持ってきてください」とのお返事が。お言葉に甘えて、柳澤さんのキッチンスタジオにお邪魔しました。
日本中の「やせたい」家呑みニスト待望、柳澤英子さんインタビューです!

―――こんにちは。今回は取材を受けてくださりありがとうございます。早速ですが、ダイエットされていた頃も、毎日お酒を呑んでいたというのは本当なんですか?

本当ですよ(笑)。私、お酒を呑むのが大好きで。新刊「やせるおつまみ」のレシピも、自分が呑むために考えたものがほとんどです。

―――噂は本当だったんですね。今回は料理しながら取材を受けてくださるということで。よろしくお願いします。

いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。さて、どんな食材を持ってこられたんですか?

―――それが、申し訳ないんですが、23歳一人暮らし男子の冷蔵庫にはこれしかなくて……。

image
絹豆腐…冷ややっこ以外のレパートリーはなし。
納豆…パックで買っても1つ余らせるのがわが家の恒例行事。
サラダチキン…これを食べて満足、運動しないという悪循環。
さけるチーズ…ちびちびさくのが楽しい。家呑みの定番。
ミニトマト…サラダに入れる以外の使い方は知りません。


大丈夫ですよ! 『やせるおつまみ』のモットーは、あるものですぐにできることですからね。そうだ! せっかくなら、あなたが作ってみませんか?

―――ええっ!? 僕がやるんですか(笑)。普段、料理とかしないんですけど…。

気軽に作って楽しんでいただきたいという気持ちを込めたからこその、「3行レシピ」でもありますから。誰でも気軽にできるメニューばかりですよ!

―――柳澤さんがそうおっしゃるなら…。チャレンジしてみます!

じゃあ、まずはさけるチーズとサラダチキンを使って、〈サラダチキンチーズ〉から作りましょうか。コンビニで売ってるもので簡単にできますよ。

 
image
さいて、かけて、和えて、完成! 包丁もまな板も必要ありません!


―――柳澤さん、いや柳澤先生! もう完成しました!

でしょ? 本当に簡単なレシピばかりなんです。この調子でもう2品作っちゃいましょう!

image
〈トマト豆腐〉と〈フライ納豆〉。調理時間は5分もかかりません。

―――(できる…。僕にもできる!)

のってきましたね! 慣れてきたら、呑みながら作るのもおすすめですよ。楽しむことが一番です。お!無事に完成しましたね!

image


―――材料の段階からは想像もつかないほど、豪華な仕上がりです。

簡単なんだけど、ちゃんと見た目が華やかになるよう工夫しています。ちょっとしたもてなしにもおすすめです。

―――シンプルな材料でも、アイデア次第でこんなにも美味しそうに見えるんですね。ちなみに、レシピはどんなときに思いつくんですか?

栄養バランスから考えることもありますし、冷蔵庫にあるものを組み合わせてみたら美味しかったというパターンもあります。いずれにしろ、自分が呑むために作るので、すぐにできる簡単なレシピが生まれますね。そんなことより、食べましょう!

―――いただきます。……美味しい!! チキンとチーズの組み合わせに、わさびがピリッと効いていますね。納豆も、炒めるとこんなに香ばしくなるなんて! 料理したのが自分だとは思えないです(笑)。

誰でも気軽に作れるけれど、食べると本格的な美味しさ、というのを目指しています。あ、お酒もありますので、ぜひ呑みながらどうぞ。

―――ありがとうございます(笑)。でも、こんなに美味しいとお酒が進んじゃいますね……。こんな調子でやせられるんでしょうか。

実は、それぞれのメニューにはやせる工夫が施してあるんです。例えば、〈トマト豆腐〉。トマトを食べるとアルコールの代謝を促進する酵素が活性化します。豆腐も「畑の肉」といわれるくらい栄養価が高くて、かつ低糖質。それに腹持ちもいいでしょ?

―――たしかに、満腹感・満足感があります。これなら食べ過ぎることもないし、健康にもいいおつまみですね。

本に載っているレシピには、それぞれ「やせつまMEMO」がついています。栄養などの観点から、ダイエットに活かせる情報を載せています。レシピで使用する食材や調味料には、手軽に用意できるというだけでなく、きちんと選んだ理由があるんです!

image

―――ダイエット中の読者に嬉しい配慮ですね。それにしても、こんなにいいお酒までいただいて……。なんだかすみません。

おつまみに使う食材が手頃だから、高いお酒が買えるんですよ!

―――なるほど! それは嬉しいメリットです!!

とはいえ、やはりダイエット中なのでお酒選びには気を使いましょう。ビールや日本酒は避けたほうがいいです。やっぱり糖質を減らすことが大切なので。

―――僕、九州出身で焼酎大好きなんですが、どうでしょうか。

はい、焼酎はオーケーです! もちろん、ワインも甘過ぎなければ大丈夫。夏場はハイボールなどもおすすめですね。本に載っているバッファローウイングとハイボールの相性は抜群です!

―――想像するだけでよだれが…。いろいろな種類のお酒に合う、幅広いジャンルのおつまみが載っていることも印象的でした。かなり意識してレシピを考案されたんでしょうか?

それは私がお酒をチャンポンして呑むからなんです(笑)。色々なお酒を呑むから、自然と色々なジャンルを作るようになって。

―――まさかのお答えでした(笑)。でも、先生ご自身がお酒をよく呑まれるからこそ、酒呑みが満足できる本になったのかもしれませんね。


―――本書のレシピがあれば、「やせたい」と「呑みたい」を両立できる気がしてきました!今日、帰りに早速スーパーに寄って作ってみようと思います。

ぜひ! そうだ、スーパーで買い物をするときは、食事のメインとなるお肉や魚の売り場から見てみるといいですよ。それに合わせて野菜などを選べば、献立の栄養も偏ることがありませんから。野菜を買い過ぎて使いきれなくなるという心配もないし(笑)。

―――買い物でもできるやせる工夫があるんですね。

はい。これを意識するだけでも全然違うんです!

―――自分で料理しながらダイエットするのは大変だというイメージがあります。

そんなことないんです。自分で作ったほうが、栄養バランスや味付けをコントロールできますし。糖質をカットするのも、自分で作れば安心です。それに、お酒だって呑んでいいんですから! きっと楽しくやせることができますよ。

―――確かに。栄養や味付けを自分に合わせることができるのはダイエット向きかもしれません。柳澤さんが、お酒を我慢せずに減量できた理由がわかってきた気がします!今日は本当にありがとうございました!

ぜひ『柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ』を片手に、お酒を楽しみながら、楽しく、しっかりダイエットされてくださいね。お酒を我慢しなくても、やせられます! あ、この取材の打ち上げでビールを呑んじゃだめですよ~。


プロフィール
柳澤英子
料理研究家・編集者
編集者・ライターとして料理関連の雑誌や書籍に携わるとともに、レシピ開発や提供に関わる。TVや雑誌などのメディアに数多く出演。手間をかけずにおいしくつくれる簡単レシピが好評。『ひとりごはん』『ふたりごはん』(西東社)がロングセラーに。近年では、自身が1年で26kgの減量に成功した経験をもとにつくりあげた『やせるおかず 作りおき』(小学館)シリーズが大ベストセラーとなった。『やせたい人の肉レシピ』(世界文化社)、『ゆる糖質オフのダイエットスープ』(扶桑社)など著者多数。



柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ

— 柳澤英子 著電子版
  • ページ数:160頁
  • ISBN:9784838730117
  • 定価:1,080円 (税込)
  • 発売:2018.07.13
  • ジャンル:料理
『柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ』 — 柳澤英子 著

紙版

書店在庫をみる

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。