*メールマガジンがうまく表示されない場合はこちらのWebページをご覧ください。
Ginza Mail
 

GINZA Nº208


9月12日発売の208号は
『ニットはお好き?』です。

THIS ISSUE

タートル、モヘア、フィッシャーマン、etc.
秋冬の主役アイテム、ニットはお好き?

2014A/Wのランウェイ、CHANELもLOUIS VUITTONもPRADAもファーストルックはタートルでした。セレクトショップの展示会では、グランジを彷彿とさせるモヘアのローゲージが脚光を浴び、ニットソックス付きのパンプスや目付き(!)のニット帽に感嘆の声が。「今季のニットはヤバイ!」と誰もが確信していました。

そして猛暑が続く8月に、走って、集めて、汗だくで撮影したニットの集大成は、やっぱりすごかった!

巻頭を飾るのは、5メートル超えのニット(???)。さらには、マリリン•モンローのフィッシャーマンやビョークのモヘア、飯島朋子さんのレイヤードや山本マナさんのグランジ、などなど。「いますぐ買わなきゃ、ニットから!」と思わずにはいられない大特集。

第二特集では、加瀬亮さんも登場してます。こちらもかなりオススメ。

(I)




COVER STORY

タートルニットを着たアヌークちゃん
そしてなんなんだ、あの筒は !?

ある夏の日、カメラマン小浪次郎さん、スタイリスト山本マナさんと、行ってきました横浜ロケハン。歩いても、歩いても〜で、ブルーライトではない炎天下、照りつける陽射し。濡れてない街角の馬車道あたりでUV波を全身で浴びながら。いいっーね!と横浜魅力再発見。そして撮影当日、夜中2時にロケバスに乗り込み、5時からシューティング。がんばりました、オランダ出身モデルのアヌークちゃん16歳。カバーのニットはエルメスで、歩道橋の上でパチリ。足元のソックス+シューズもかわいいルックなのですよ。さて、オランダからやって来たアヌークちゃんが持っている筒は何だ?おしゃれ棒高跳び? 巨大抱きまくら? おまじない? そうこの紙のこそが今回の撮影の核! 実は小浪さんがワールドカップでブラジルを訪れた際に、偶然、紙の筒を持って歩いていたブラジリアンガールのイメージなんです。小浪脳の中にある、甘い思い出をスタッフ全員で必死で再現。もう撮影が終わったころにはなんだかブラジルに行ったことがある気分になりましたよ、なんなら地元の少年とボールを蹴って遊んだ嘘メモリーもできました。そうやってブラジルと横浜とオランダがフランス(エルメス)が渾然一体となった瞬間が、このカバーなのです。

(A)



 

follow us on

 

次号 GINZA 10月号は、10月11日(土)発売『東京の洋服』です。

GINZAのお得な定期購読をおすすめします! 本が手に入りにくい地域の方、なかなか忙しくて買いにいくヒマがないという方には、とっても便利で、しかもおトクです。年間で1冊分の割引、特大号差額割引、送料無料になります。
https://id.magazine.co.jpsubscribe/ginza/