マガジンワールド

わたし、オタリーナですが。 (吉川 景都 著)

わたし、オタリーナですが。

— 吉川 景都 著
  • ページ数:128頁
  • ISBN:9784838718658
  • 定価:1,296円 (税込)
  • 発売:2008.05.22
  • ジャンル:エッセイ
『わたし、オタリーナですが。』 — 吉川 景都 著

紙版

書店在庫をみる

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

恋にも、おしゃれにも興味を示し、一見、ごく普通女子。ただ、救いがたいほどオタクである。類語は腐女子。
男子の話題が、ガンダムやスラダンであったとき……、「語りたい! だが一度語り始めたら最後、リミッターが外れる→男子がドン引く」ことを恐れて、人知れず葛藤している女性の方、いませんか? 作者の吉川景都もかつてはその一人でした。オタバレしないようにひっそりと、棲息してきました。でもまあ、この本が出ちゃったら、もう、開き直るしかありません。とはいえ、オタバレした今も「基本姿勢は、”すみません”」の、腰の低いオタリーナなんです。
 
内容/WEB掲載漫画32本(下記参照)+コラム+4コマ+巻頭描き下ろし
『王女オタリーナ』
●オタリーナ生態編(ボーイズラブ、オタ女子思考、コスプレ、オタファッション)
●恋するオタリーナ編(オタ女子恋愛事情、マリア様が超見てる、オフ会、ホン
トに腐女子彼女)
●オタ休日編(男子校カフェ、アキバ探訪、アニメイベント、オンリーイベン
ト、Jガーデン、ゲーム、バンギャ、テニミュ、スーパードルフィー)
●楽しい同人誌編(同人誌、コミケ、コピー本)、
●わたしのお仕事編(書店員、マンガ投稿、アシスタント)