マガジンワールド

BRUTUS ブルータス

ブルータス No. 952

珍奇昆虫

800円 — 2021.12.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 952 —『珍奇昆虫』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。

Next Issue No. 953 2021年12月15日 発売

何度でも読みたい本、ありますか? 100冊読むのもすごい読書家だけれど、1冊を100回読むことで至る極みもあるものです。フワちゃん、石沢麻依、戸塚祥太、神田伯山、岸本佐知子、斉藤壮馬……。その1冊は読む人そのものを形作ります。次号特集は、24人の読書家たちを作った「百読本」。ビジネス書や絵本のベストセラー分析、今年の出来事をより深く理解するための「2021年の副読本」も。

  • 『BRUTUS』950号 お詫びと訂正2021.11.08

    ブルータス950号、58ページ「ハードリカー大図鑑」の「伊勢吉どん」の紹介文に「霧島市牧園町の蔵」とありますが、「薩摩郡さつま町の蔵」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

  • 『BRUTUS』948号 お詫びと訂正2021.10.06

    BRUTUS948号 特集「村上春樹 【上】 読む。編」のp.26で丸谷才一の短編集『樹影譚』の引用部分につきまして、表題作ではなく、同単行本所収の「鈍感な青年」からの引用になっておりました。また、p.29『Evening』の著者名がSuzan Minotと記載されていますが、正しくはSusan Minotです。お詫びして訂正いたします。